小池栄子がいい目してる」とか言ってしまった私

今回のワダアキ考は、近年女優としての活躍がめざましい小池栄子。彼女が現在出演中の日本テレビ系ドラマ『母になる』を毎週見ている武田砂鉄さんは、「小池栄子がいい目してる」と思ったそうです。しばしば「胸」ばかりが強調されてきた彼女の目にはどんな力があるのか、そもそも「いい目」とはなにか、武田砂鉄さんが分析します。

「いい目って何? 具体的に説明して」

さほど視聴率は良くないようだが、ドラマ『母になる』を毎週見ている。演者名のままドラマの内容を簡潔に伝えると、息子を誘拐された沢尻エリカと、その息子を一定期間育てていた小池栄子。その間で揺れ動く息子との関係を描くドラマなのだが、沢尻の夫役の藤木直人が時折見せるコミカルな演技など、余計な部分も多い。やや冗長になろうとも全体が辛うじて引き締まるのは、小池栄子の目力のおかげである。母親は私、と固執する彼女の意地が、じっと正面を凝視する目に表出している。

うっかり、「いや、ホントに、小池栄子がいい目してるんだよ」と偉そうに語ったが最後、「っていうか、いい目って何? 具体的に説明して」と返されてしまった。「いい目してる」は褒め言葉として相当上のほうに鎮座しているけれど、体のパーツを褒める際に用意される基準値や比較対象が用意されていない。つまり、極めて抽象的なのだ。怒鳴られた部下が上司に頭を下げたものの、謝罪が足りないと感じた上司は往々にして「なんだ、その目は!」などと切り返す。その目、とか言われても、この目をどうすることもできないのである。ならば「いい目してる」の、そして「なんだ、その目は!」の「目」とは一体なのだろう。

「癒し系」ではなく「威圧系」

自分はどうして「小池栄子がいい目してる」なんて言ったのだろうか。何様のつもりだろうか。自己弁護のために、かつてのインタビューを必死に掘り起こすと、小池が「自分では、目がチャームポイントだと思っているんです」(『月刊小池栄子』)と語っていたのが見つかる。「だから言っただろ!」と凄みたくもなったが、「いい目」の理由にはなっていない。中学に入学した小池は「創作舞踊」の部活に入ったものの、とにかく上下関係が厳しかった。先輩が歩いた後の汗を拭かされたし、休み時間の度に機嫌を損ねた先輩の部屋へ出向くこともあった。小池は先輩から、目つきを叱られることが多かった。「何で睨んでんの、整形してきてよ」と言われては「出来ません、出来ません」と謝り続けたという。自身のチャームポイントを根こそぎ否定された経験を持つからこそ、今、彼女は、自分の「目」で勝負しているのか。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

現代社会の「空気」をつかみ取り、テレビと私たちの緊張関係を取り戻す。

この連載について

初回を読む
ワダアキ考 〜テレビの中のわだかまり〜

武田砂鉄

365日四六時中休むことなく流れ続けているテレビ。あまりにも日常に入り込みすぎて、さも当たり前のようになってしったテレビの世界。でも、ふとした瞬間に感じる違和感、「これって本当に当たり前なんだっけ?」。その違和感を問いただすのが今回ス...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

naancy7 哲学者のラルフ・ウォルド・エマーソンの「人間の眼は舌に負けないくらい会話する」🐥「眼は中立ではありえない」🐥 2年弱前 replyretweetfavorite

marekingu #スマートニュース 2年弱前 replyretweetfavorite