干し大根おろし」は、炊きたて玄米ごはんの究極の友。

アフロで無職で独身の、稲垣えみ子52歳。朝日新聞退社後、激変したのは食生活。メシ、汁、漬物を基本に作る毎日のごはんは、超低予算ながら、本人はいたって満足。冷蔵庫なし、ガスコンロは一口、それでもできる献立とは!? レシピ本不要、作り置き不要、準備は10分でOK。今日もおいしく、いただきます!

偉大なるワンパターン

 皆さまこんにちは。毎日似たようなものを元気よく食べているイナガキです。

 さて先週の連載開始を知った方から、早速こんなメッセージをいただきました。「一汁一菜憧れますが、どうしてもワンパターンになってしまうので是非参考にさせていただきます!!」
  ありがとうございます!

 しかし……。  私のご飯、ほぼ「ザ・ワンパターン」です(笑)。

 あ、笑い事じゃないですね。で、これじゃあ全然参考にならないですよね(汗)。

 しかし改めて考えてみれば、これこそが多くの人を苦しめている問題の本質なのかもしれません。誰もが「ご飯はワンパターンじゃダメだ」と思っている。だ からこそ「今日は何を作ろうか」と日々悩み、頭を痛めている。  というわけで、いきなりですが逃げも隠れもいたしません。連載2回目にしていきなり直球ど真ん中です。

「ワンパターンですが、それが何か?」


「飯・汁・漬物」でもう満腹

 以前は毎日が「ご馳走三昧」だった私が、会社を辞めてからまさかの一汁一菜の地味な食生活を始めたこと、それは前回書いた通りです。

 で、モンダイの一汁一菜。これ、どうやったって基本、ワンパターンなんです。

 だって、具体的に言えば「飯、汁、漬物」ですよ。一体これにどうやってバリエーションをつけろと?

 もちろん味噌汁の具が変わったり、漬物の種類や具材が変わったりということはあります。しかし全体としてはだいたい同じです。

 もちろんこの基本パターンに「おかず」をプラスしてバリエーションをつけることは可能です。しかしまずは「飯・汁・漬物」をがっちり食べるとなると、実際にやってみればわかりますが、これだけで相当にお腹いっぱいです。あと何品も作って食べるなんてそうそうできるもんじゃあありません。

 というわけで、一汁一菜とはまさにワンパターンの食事のことを指すのです。

 で、「ワンパターン」とは「手抜き」であり「飽きる」。それが常識。私もずうっとそう思ってきました。

 ところがですね、実際に一汁一菜を始めてみて驚いたのは、確かに「手抜き」ではあるんです。だって、今日な献立をどうしようかと考えなくていいし、作るのもえらく簡単だし。ところが「飽きる」ってことは全くない。それどころか毎回のご飯が楽しみで楽しみで仕方がない。いやホント。

 ……いやいや、こんなうまい話があっていいんでしょうか?


「美味しすぎるもの」は飽きる
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
アフロえみ子の「自由メシ!」

稲垣えみ子

アフロで無職で独身の、稲垣えみ子53歳。朝日新聞退社後、激変したのは食生活。メシ、汁、漬物を基本に作る毎日のごはんは、超低予算ながら、本人はいたって満足。冷蔵庫なし、ガスコンロは一口、それでもできる献立とは!? レシピ本不要、作り置き...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

toganooo 目から鱗。「美味しいものは飽きる。だからこそ「毎日違うもの」を作らねばならないと誰もが頑張っている」 https://t.co/EWEK0kOC2N 2年以上前 replyretweetfavorite

tipi012011 干し大根おろし、作ってみようかな。 2年以上前 replyretweetfavorite

bear_yoshi 「「美味しすぎるもの」は飽きる」 /  2年以上前 replyretweetfavorite