なじみの人と二次会に行くのはやめなさい

毎日のお金を「どのように」使うか、そのちょっとの差で、5年後の年収が大きく左右される!? 好評発売中の書籍『5年後、金持ちになる人 貧乏になる人』より、稼ぐ人になるための「お金の正しい使い方」をお伝えします。あなたが飲みに誘っているその同僚は、毎回同じ人ではないでしょうか?

飲むべきは、深夜の酒ではなく朝4時のコーヒー

 午後7時—。
 今日も仕事でいろいろトラブッたけれど、なんとか無事に切り抜けた。
 一日の疲れをとるには、やっぱりこれでしょ。
「よーし、仕事終わりに一杯いきますか!」
 そう言って同僚を誘い、夜の街に繰り出すあなた。
 おそらく、あなたの一日の締めくくりは、こんな感じではないだろうか?
 お楽しみのところ水を差すようで申し訳ないが、ここでひとつ確認しておきたいことがある。

 あなたが飲みに誘っているその同僚は、毎回同じ人ではないだろうか?
 あなたが飲みに行くその店は、毎回同じ居酒屋ではないだろうか?

「えっ? もちろんそうだけど、なにか問題でも?」
 そう答えたあなた。
 残念ながら今のままでは、人間的にも成長もできないし、稼げるようにもならない。

 もちろん、なじみの店があるのはいいことだ。
 楽しいお酒を飲む仲間がいるのも素晴らしいことだろう。
 しかし、毎回同じ人と、同じ店に飲みに行っていると、どんどん慣れ合いの関係になって、お互いに学ぶものが何もなくなってしまう。
 いやむしろ学ぶことがないどころか、お互いにとってマイナスになることも少なくない。
 例えばこんな感じだ。

「いや~、今日も部長から企画書を書き直せって言われてさ。部長が言うとおりにつくったのに、『そうじゃない!』って言うんだぜ。なら自分でつくれっつーの‼」
「ホント、頭にくるよなぁ。こんな会社、貯金さえあればさっさと辞めてやるのに」
「なんだか気分がおさまらないから、場所変えて飲み直そうぜ。ほら、いつものあそこなら、安く飲めるからさ」
「よしもう一軒、いつものところに行くか!」

 そして気づけば、終電を逃して近くのネットカフェで一泊、なんてことに……。
 あなたはこんなことを、月に何度も繰り返しているのではないだろうか。
 一軒目の居酒屋で、一人3000円。
 二軒目の立ち飲み屋で、一人2000円。
 そしてネットカフェの〝朝までパック〟で、一人1000円。
 合計、一人あたり6000円だ。
 かりに、月に4回同じようにお金を使っていたとすると、ひと月あたり2万4000円ものお金を、何の成長ももたらさない時間に費やしていると言えるだろう。

 お酒は、コミュニケーションのツールだ。
 うまく活用すれば、相手との距離を縮めることもできるし、大切な商談をまとめる役割さえ担ってくれる。
 しかし、毎回同じ人と同じ店で、同じ話をしながらお酒を飲んでいたって、何の成長にもつながらない。
 当然のことながら、成長がなければ、今以上にお金を稼ぐことなんてできないだろう。
 少々キツい言い方かもしれないがハッキリ言っておこう。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

記事の続きがすぐに読みたい方は、こちらの本で!

この連載について

初回を読む
5年後、金持ちになる人 貧乏になる人

田口智隆

500円でランチするなら、何を選ぶ? ファストフードで、ハンバーガーとポテトのセット。オーガニックの、野菜サンドとコーヒー。毎朝の通勤電車、ゲームのアプリを買うか、英単語のアプリを買うかーー。同じ大学、同じ年齢、同じくらいの外見。ほと...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

tomotaka_T 【飲むべきは、深夜の酒ではなく朝4時のコーヒー】 https://t.co/57x7hCZHN4 約2年前 replyretweetfavorite

rmoto317 共感する #スマートニュース 2年以上前 replyretweetfavorite

marekingu #スマートニュース 2年以上前 replyretweetfavorite

nocch 「飲むべきは深夜の酒ではなく、朝4時のコーヒーだ」は、言い得て妙だなぁ。 |田口智隆 @tomotaka_T |5年後、金持ちになる人 貧乏になる人 https://t.co/jUZdW5uzcg 2年以上前 replyretweetfavorite