このまま今の会社にいて大丈夫なのかと感じたら

毎日お金を「どのように」使うか、そのちょっとの差で5年後の年収が大きく左右される!? 好評発売中の書籍『5年後、金持ちになる人 貧乏になる人』より、稼ぐ人になるための「お金の正しい使い方」をお伝えします。今回は筆者の講演会によく足を運んでくれるIさんの話です。

今の年収よりも、5年後の年収を上げろ

 私の講演会によく足を運んでくれるIさん(男性・24歳)は、都内の人材派遣会社に入社して2年目になるサラリーマンだ。
 いつも、会うたびに、
「田口さん! 今日の講演も勉強になりました!」
 と言って、元気よく声をかけてくれるIさんなのだが、ある日の講演会であいさつに来てくれたときは全く元気がなかった。
「今日はなんだか顔色が良くないね。仕事が立て込んでるの?」
「あ、すいません、田口さん。俺、そんな暗い顔してました?」
 Iさんは、いつもどおり明るい笑顔を見せてそう答えたが、しばらくすると、また元気がなくなってしまう。
 心配になった私は、講演会の後の懇親会で、Iさんに事情を聞いてみることにした。少しお酒が入ったIさんは、思いつめたような顔で次のように話しはじめたのだ。

「いや~、最近、なんか仕事のヤル気が起きなくて……。だって、先輩を見てもここ数年まったく給料が上がっていないみたいだし、俺このまま今の会社で働いていて大丈夫なのかなって。だからといって、入社2年目で転職しても、今より条件のいい会社に移れるとは限りませんよね。もしかしたら5年後も10年後も、手取り25万円の給料が続くんじゃないかと思うと、なんだか絶望的な気持ちになるんです。だから最近ヤケになって、家に帰ったらゲームばかりしちゃってます……」

 私は彼の悩みを聞いて、しばらくどうアドバイスをしたらいいのか悩んでしまった。
 ひと昔前までは、年齢とともに給料は上がっていったので、「頑張っていれば大丈夫だよ! まずは3年ガマンしろ!」とアドバイスできただろう。
 しかし今のご時世、いくら年を重ねてスキルを積んでも、大幅に給料が上がることなんてまずないだろうから、これはなかなか難しい問題だ。
 先の見えない世の中で、「頑張っても給料なんか上がるはずがない」と、諦めてしまう若い人の気持ちもわからないではない。
 だからといって、安易に転職をすすめるのも無責任だし、もし転職できたとしても、今より状況が良くなるとは限らない。
 いや、このご時世だ。今転職しても、きっと状況はどんどん悪くなってしまうことだろう。

 では、Iさんのようなケースの場合、どうすればいいのだろうか?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

記事の続きがすぐに読みたい方は、こちらの本で!

この連載について

初回を読む
5年後、金持ちになる人 貧乏になる人

田口智隆

500円でランチするなら、何を選ぶ? ファストフードで、ハンバーガーとポテトのセット。オーガニックの、野菜サンドとコーヒー。毎朝の通勤電車、ゲームのアプリを買うか、英単語のアプリを買うかーー。同じ大学、同じ年齢、同じくらいの外見。ほと...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

tomotaka_T 【】 https://t.co/doqon5C245 10ヶ月前 replyretweetfavorite

Tatopon5 全然報われないのに会社に一生懸命媚びてる人っているよね>結論から言うと、「会社に期待するのをやめる」こと  1年以上前 replyretweetfavorite

komachibypass "結論から言うと、 「会社に期待するのをやめる」 ことだ。 若い頃に稼げないのは当たり前だが、「今の会社に勤めていたって、5年..." https://t.co/DRI1cqsJUJ https://t.co/4i32rT0f20 #drip_app 1年以上前 replyretweetfavorite