心のベストテン

ガラパゴス化する日本のヒップホップシーンと待望される特大ヒット【ゲストDJ YANATAKE】

前回に引き続き、ヒップホップの最前線で長年活躍されているDJ YANATAKEさんをスペシャルゲストに迎えてお送りする『心のベストテン』。今回は、フリースタイルダンジョン、ちゃんみな、KOHHなど、日本のヒップホップシーンの盛り上がりを語ります。
芸人、DJとして活躍されているダイノジ・大谷ノブ彦さんと、音楽ジャーナリストの柴那典さんの響きあうナビゲーションをお楽しみください。

日本独自のフリースタイルブーム

柴那典(以下、柴) 今回もDJ YANATAKEさんをゲストにヒップホップの最前線について語って行こうと思います。

大谷ノブ彦(以下、大谷) 前回はアメリカでヒップホップがメインストリームのど真ん中にあるっていう話でしたけど、日本は今フリースタイルのブームで、ちょっと状況が違いますよね?

DJ YANATAKE(以下、YANATAKE) そうですね。まず今のフリースタイルブームは、完全に日本独自のものですね。
※フリースタイルブーム:高校生ラップ選手権(2012年7月〜)、フリースタイルダンジョン(2015年9月〜)などで一般に大ブレイクした即興ラップによるMCバトルのブーム。

大谷 そうなんですね。

 やっぱりガラパゴス化した状況だと。

YANATAKE 日本でMCバトルがこんなに流行ってるって言ったら、世界中の人が「え? そうなの?」ってびっくりすると思う。でも、それはそれでいいことだと思うんですよ。

大谷 YANATAKEさん的には、日本でも近い将来アメリカのようにヒップホップが音楽シーンの真ん中にくることはあると思いますか?

YANATAKE 願望としてはありますけど……。

大谷 僕はそのキーポイントになるのはPUNPEEとか、それこそYANATAKEさんと一緒にアルバムを作られているSKY-HIとかかなと思うんですけど。

YANATAKE そこは正直、誰でもいいんです。でも、とにかく特大のヒット曲が一曲ほしい。

大谷 というと?

YANATAKE フリースタイルのブームについては僕も光と影の両方があると思うんですけど、それでもやっぱりすごくおもしろいですよ。僕も毎週『フリースタイルダンジョン』は観てますし、「戦極MCバトル」っていう大きい大会でDJもしているんで。
 今後、日本語ラップの歴史においては「2016年はフリースタイルの年だったね」と語られると思うんですね。でもそれを象徴しているヒット曲が出ていないんです。

大谷 たしかに、大流行した曲っていったらすぐには思い出せないですね。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
心のベストテン

大谷ノブ彦 /柴那典

「音楽についてパァッと明るく語りたい! なぜなら、いい音楽であふれているから!」。ハートのランキングを急上昇しているナンバーについて、熱く語らう音楽放談が始まりました。 DJは、音楽を愛し音楽に救われてきた芸人、ダイノジ・大谷ノブ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

htktyo これっすね。https://t.co/D71pYpUtBJ 2年以上前 replyretweetfavorite

marekingu #スマートニュース 2年以上前 replyretweetfavorite

fxxkmonouc 【記事抜粋】NORIKIYOくんっていうラッパーがいるんですけど、ニューアルバムの『Bouquet』は全部、外人のトラックなんですよ。全員、自分でネットで探してオファーして、メールもグーグル翻訳でがんばって、トラックを頼んだ https://t.co/nswYwDJHGd 2年以上前 replyretweetfavorite

smile_of_life91 「でも、とにかく特大のヒット曲が一曲ほしい。」これに関してはYANATAKEさんがずっと言われてる! 2年以上前 replyretweetfavorite