​3000人以上の美女に会って気づいた、ダメウーマンでも美人になれる条件

これまで3000人以上もの美女にインタビューをしてきた、この道20年のベテラン女性誌ライター芳麗さん。「真の美女になるには?」というコラムの依頼を機に「美人の条件」を掘り下げてみたところ、美女には「白の女」と「赤の女」がいることに気づいたそうです。心をグッとつかまれるような、真の美女に必要な条件とはどのようなものなのでしょうか。

 とある女性誌にて、「真の美女になるには?」というコラムの依頼を受けた。
 そして原稿を書きながら、正直、途方に暮れた。
 だって私自身は、40を過ぎてほとほとお疲れなのだ。最近は“美しくなる努力”をほとんど辞めてしまった。ハードなダイエットもあんなに熱心に通っていた溶岩ヨガも加圧ビューティーも行っていない。

 ざっと数えて3000人。おそらく、美女に会いすぎたせいだ。 
 9頭身のスーパーモデル、シルクよりも滑らかな肌の女優、澄んだ湖のような瞳のマダム……。女性誌を中心にインタビュアーを続けてきた私、芳麗は国宝級の美人に会うのが長らくの日常である。
 あまりの圧倒的な美を前に、すっかり鑑賞する側に回り、わずかでも距離をつめる努力を放棄してしまった。
 今さら、小手先程度の努力をしてもね。全力で美容とダイエットをがんばって“見た目そこそこ美人”になれたところで、何かいいことある? ……etc.
 心のぼやきは止まらない。

 まあ、つまり、美を諦めつつある理由は……自分の怠惰につきる。

 しかし、一方では、感動的な美人に会えば会うほど、なるほど、それなら私も、いつか私も……と思えることもある。
 見た目そこそこ美人には興味が持てなくとも、心動かされる圧倒的な美人にはいまだ憧れるし、むしろ、自分次第で近づけるのではないかと思うのだ。

 なぜだろう?

 良い機会なので、私の思う「美人の条件」を掘り下げてみたい。

完璧な造形なのに、心を動かされない美人

 みなさん芸能人を見て、不思議に思うことはないだろうか。
 あの人は美人。あの人はもっと美人! でも、なんだか印象に残らない。
 っていうか、あの子は最近あか抜けて、かわいくなった。
 あの人ってあんなに美人だったっけ……?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
雑誌が切り取る私たち。—恋も仕事も思いのまま?

芳麗

「出産は人生見直しの大チャンス!」――時代に敏感な新旧の女性誌のキャッチコピーを振り返りながら、女の人生の選択についてポップに語る本連載。この道20年のベテラン女性誌ライター芳麗さんが贈る“ありふれた女”たちのための教科書です。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

momotarabitch 3000人以上の美女に会って気づいた、ダメウーマンでも美人になれる条件|芳麗 @yoshirei0702 | 2ヶ月前 replyretweetfavorite

yoshirei0702 たくさんの方に読んでいただいたこちらのエッセイですが、有料会員制の媒体のですが、新記事リリース後は1週間だけ無料で読めます。 つまり、こちらは今日まで無料です✨✨ まだの方、再読の方、今夜ぜひー! https://t.co/LyBCFQt1Zz 3ヶ月前 replyretweetfavorite

ryuenhrmt 3000人以上の美女に会って気づいた、ダメウーマンでも美人になれる条件 https://t.co/qdyei8NSnw 3ヶ月前 replyretweetfavorite