恋愛採集士

あなたは生き続ける。私は愛した人を死なせなくて済んだんだ

突如様子が変わった由姫に、戸惑う純太。状況が呑み込めない純太に対し、由姫は真実を語り始める。20年前の二人の確執が生んだ物語、衝撃のクライマックス!
作家・日野草さんが描く、衝撃の恋愛ミステリー短編集『恋愛採集士』より、序章「百年桜」を特別掲載します。

「な──え? 何が……」混乱が駆け抜けて、起き上がるのもままならなかった。乱れる思考の中で、ただひとつどうにも気になる言葉があった。「……依頼人?」

「改めて自己紹介をしますね。私はユキ。苗字は秘密です。でも、あなたの昔の想い人だった『工藤』ではないことだけは確かです。工藤美佐子さん、ここで二十年前、あなたに置き去りにされた女性と血の繫がりはないわ」

 静かな目で語るユキの声は落ち着いていて、若い娘特有の弾むような調子は消えていた。

 腰に片手をあてがい、こころもち体を傾けている。十九歳の小娘ではなく、もう少し年数をかけて磨かれた大人の女性に見えた。

「私は、諦めきれない恋や忘れられない愛の後始末を手助けする仕事をしています。つまりは恋愛専門の便利屋ね」喉を震わせて笑った。こんなときだというのに、鳥肌がたつほど艶めいた声だった。「今回は工藤さんの依頼であなたのところに来たんです」

「い、依頼?」聞いた言葉のすべてが、脳を滑り落ちていった。「……君は──美佐子の娘なんだろう?」

「いいえ」腕をおろして、ユキは首を振った。「美佐子さんには子供はいません。あなたと死のうとしたときも、お腹に子供はいなかった。その後も、生まれなかった。彼女はずっと一人です。今も」

「今?……美佐子は」

「生きています」その言葉に純也は思わず笑顔になりかけたが、「もうすぐ亡くなります。たぶん、来月くらいに」

 その言葉は、ここまでのどの言葉よりも純也を打ちのめした。

 一人で? ずっと? 今も?

 そしてもうすぐ、死ぬ。

 ユキはうっすらと微笑んだ。

「美佐子さんはあなたのことを気にしていました。二十年前、この場所であなたが去ったあと、彼女は夜がくるまで泣きはらしました。でもそれは、あなたに裏切られたことが悲しかったのとは違うと言っていました。最初はなんてことをしてしまったんだろうと──あんなふうに怒鳴れば、去っていくのはあたりまえだろうと。そしてすぐに、ああそうか、と思ったんだそうです。あなたは生き続ける。私は愛した人を死なせなくて済んだんだって」

 純也は口を動かした。言葉はおろか、声さえも出なかった。

 ユキは続けた。

「それからは誰も愛さないように生きてきたそうです。美佐子さんにとっては、あなたがくれた思い出だけで充分だったから。あれほど深く愛したり愛されたりすることはもうないだろうし、もうなくていいのだと言っていました。そしていよいよ最期が近くなったとき、ふと思ったんだそうです。あなたはまだ、私のことを覚えているだろうかと」

「え、い、いや、覚えて──」

 覚えていた、と言いかけた唇を、不意に目の前に屈んだユキの指が塞いだ。純也は呼吸を止めた。

「違うんです。彼女が聞きたかったのは、いえ、願ったのは」指が離れた。純也は深く息を吐いた。「さっきのあなたの言葉なの」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
恋愛採集士

日野草 /惑星シベル

作家・日野草さんが描く、衝撃の恋愛ミステリー短編集『恋愛採集士』の漫画と本編の一部を、cakesで特別掲載します。漫画は、独特な画風で注目を集める惑星シベルさんが描きます。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません