恋愛採集士

つらいことばかりで、痛みの棘の上を歩いているような人生だったけど、あの人は本当に私を愛してくれた

純太は由姫と二人きりで延々と続く坂道を登りながら、とある景色を思い出していた。「振り返ってもらえないか」。そう頼む純太に由姫がこたえて振り返ると……。
作家・日野草さんが描く、衝撃の恋愛ミステリー短編集『恋愛採集士』より、序章「百年桜」を特別掲載します。

 南部坂を登りきると正面に広がる公園は、配水場でもある。

 函館の市街地に水を供給する施設だが、開設は明治時代であり、今は開放されて市民の憩いの場になっている。

 由姫に連れられて公園に足を踏み入れた純也は、記憶の深い場所が沸騰するのを感じた。

 ここはどうだろう。公園の中は芝生で覆われ、噴水が設置され、ソメイヨシノが数本植えられている。二十年前と変わったろうか。それとも、当時のままだろうか。だが記憶の底で跳ねる熱い飛沫は、坂道を延々と登ったことしか映さない。踏みしめた地面の感触。近づいてくる空。花の香り。そして公園の奥の階段を登るにつれて人影はなくなった。街から遠ざかれば遠ざかるほど、純也と彼女は二人きりになっていった。

 由姫は南部坂を登っていたときとおなじように、先に立って公園の奥の遊歩道を進んで行った。だがさっきよりも、いくらか登る速度は遅い。

 頭上には二本の黒い線が伸びていた。ロープウェイの索条だ。ゴンドラは見えない。平日の昼間なので運行の間隔が長いのかもしれない。これは二十年前にもあった。滑るように空を行くロープウェイの箱を覚えている。あのときは、一台のゴンドラが山麓駅に向かって下りて行った。純也はそれに誘われるように、………。

「君」いったん息を吐いて、はっきりと言った。「頼みがある」

「なんですか?」弾むような声色だが、聞きませんよと言外に申し渡していた。

 それでも純也は言った。

「振り返ってもらえないか。今だけでいい。足を止めて」

 由姫は一瞬、考えたのかもしれない。

 歩みを止める前に、坂になっている遊歩道の砂利を靴底で鳴らした。

 それから、彼女は振り向いた。最初に二歩下にいる純也を見、ふと目を奪われたように、そのうしろを見た。

 由姫の目が、明るさや楽しさではない色に覆い尽くされた。

 ゆっくりと胸が膨らみ、静かに萎んでいく。

「きれいだろう?」

 言いながら純也も首を曲げた。眼下には公園の緑と、函館の街、そして海の澄んだ青が広がっていた。

 この景色は覚えている。

 もう少し緑が茂っていた気がするが、それでも色と形の配置はおなじだ。

「……そうですね」淡い吐息が混じった。

 その音を聞きながら、純也は口を開いた。

「あのときもぼくはこうして振り返った。君のお母さんにも振り返るように言った。だけど、うしろを見たくないと言われたんだ。そのとき、ぼくは……」

「行きましょう」由姫はふたたび前を向いた。

 手に力がこもる。引っ張られた拍子に爪先が小石に引っかかった。

 つんのめりそうになりながら、純也は急いで言った。

「待ってくれ。聞いてもらいたいんだ」

「嫌です」

「いや、聞いてもらわなきゃならない。ぼくはここに来るまで、この道を登るまでは本当に……そうするつもりだった」具体的な言葉はどうしても口にできなかった。「だけど、ここを登るとき、坂道が続いて息も切れていた。今ほどではないが、心臓が痛くて、その痛みが」生きている実感を生んだ。純也は心の中だけでそう呟いた。舌にはのせなかった。それでも、続けた。「振り返って見たとき、不思議な気分になった。あとに残してきたものが、実は手放してはいけないものなんじゃないかと思った、いや、気付いた。だって今、君も見ただろう。街と海は、とてもきれいだ。人が生きている場所は、際限なく美しい。ぼくはそれを彼女に言おうとして、でも言い出せなかった。今の君とおなじように、彼女は」

 ただひたすら山裾を登って行ったから。

 そう繫げようとした言葉は喉の奥で消えた。

 道の右側に、あるものが見え始めたからだ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
恋愛採集士

日野草 /惑星シベル

作家・日野草さんが描く、衝撃の恋愛ミステリー短編集『恋愛採集士』の漫画と本編の一部を、cakesで特別掲載します。漫画は、独特な画風で注目を集める惑星シベルさんが描きます。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません