恋愛採集士

柔らかな胸が腕に触れ、悲鳴を上げそうになった

これが最後であるとも気づかずに2人の時間を楽しむ由姫の姿に、だんだんと純太の心に罪悪感が募っていく。それでも話を切り出そうとしたその時、由姫のある行動に純太の背筋は凍りついた。
作家・日野草さんが描く、衝撃の恋愛ミステリー短編集『恋愛採集士』より、序章「百年桜」を特別掲載します。

 奉行所の正面に据えられたベンチに腰かけて、由姫が買ってきてくれたコーヒーを飲んだ。日向は汗ばむほどだったのに、木陰に入ると風が冷たい。手の中のコーヒーがありがたかった。

 代金を払うと言ったが、彼女は首を横に振った。食い下がるのも妙な感じがして、純也は黙ることにした。

「これ、昔の方法で焙煎しているんだそうですよ」ペーパーカップのコーヒーを一口飲んで、由姫が言った。「函館にコーヒーが入ってきた頃だから、江戸時代かな。ペリーが来航した頃の焙煎方法らしいです。これも、あの頃には売ってなかったでしょ?」

 純也はカップの縁に口をつけた。酸味が強く、はっきりした味が舌に触れた。

 確かに、これもあの頃にはなかったものだ。

 純也は由姫の言葉を頭の中で反芻した。二十年前にはなかったもの、変わっているところを見つけるたび、由姫の声はあきらかに嬉しそうに弾む。その無邪気さが痛かった。

 由姫は純也に会えて喜んでいる。これが最後になるなどとは考えてもいない様子だ。

 もういちどしっかりとコーヒーを喉に流し込んだ。

 これから言おうとしていることを考えると、心が重い。

 君と会うのはこれきりにしたい。

 その一言がどれだけ彼女の心を傷つけるかを考えると、純也の舌は罪悪感で痺れた。

 溜息をついた。

 由姫はさきほどから黙っている。

 もしかしたら、純也が言おうとしていることをすでに察しているのかもしれない。そう考えたとたん、言葉がこぼれた。

「……すまなかった」

 出てきたのは本当に言いたい言葉ではなかったが、それでも気持ちがこもっていた。

 由姫は首を傾げた。

「何がですか?」声が硬かった。

「……君には──できるだけのことはする。……もちろん、その、どんなことでもというわけにはいかないが。いや、こんなふうに言って煮え切らないとは思うが──」

 純也は口を止めた。

 由姫が、いきなり声を張り上げたからだ。

「すみませーん!」立ち上がって、片手を挙げた。その言い方と仕草はどちらも、見知らぬ誰かに声をかけるときのそれだった。「あの、ちょっといいですか」

 戸惑いつつ、純也は由姫の視線を追った。奉行所にカメラを向けていた若い男が、こちらを振り返っていた。

 いまどきの若者らしく気取った髪型をしているが、黒縁の眼鏡をかけ、野暮ったい青いチェックのシャツを着ている。男は由姫を見ると一瞬にして頰を上気させ、目を伏せた。

 男の様子など構わずに、由姫は上着のポケットを探った。

「そこのお兄さん、写真を撮ってくれませんか?」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
恋愛採集士

日野草 /惑星シベル

作家・日野草さんが描く、衝撃の恋愛ミステリー短編集『恋愛採集士』の漫画と本編の一部を、cakesで特別掲載します。漫画は、独特な画風で注目を集める惑星シベルさんが描きます。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません