Amazonが新Kindleを5機種7モデル発表!『Kindle Fire HD8.9インチ』は299ドル!!

 米Amazonは9月6日(現地時間)、電子書籍、タブレット端末の新製品、『Kindle Fire HD 4G LTE』、『Kindle Fire HD 8.9』、『Kindle Fire HD 7』、『Kindle Paperwhite』、『$69 Kindle』など5機種7モデルを続々と発表した。

 以下、いずれも米国内の価格、出荷開始予定で、日本国内での発売は未定。

 『Kindle Fire HD 8.9』は、8.9インチ(1920×1200ドット、254ppi)の液晶、16GBのメモリーを備えたタブレット端末。MIMOを採用し、無線LAN接続の速さが特徴。フロントカメラを搭載するほか、Dolby Digital Plus audioや、HDMI出力、Bluetoothに対応。299ドル。本日より予約開始(米国)で、11月20日出荷開始予定。

 そして32GBメモリー搭載で、4G LTEに対応し、年間49.99ドル(250MBまで/月)の定額データ通信プラン、20GBのクラウドストレージ、10ドルのAmazon Appstore Creditなどを利用できる『Kindle Fire HD 4G LTE』(499ドル)も提供されるという。

 『Kindle Fire HD 7』は、『Kindle Fire HD 8.9』の7インチバージョン。1280×800ドット液晶、16GBメモリーを備え、バッテリー持続時間は11時間。199ドル。本日より予約開始(米国)で、9月14日出荷開始予定。

 『Kindle Fire』は、従来のKindle Fireの後継機。画面サイズは7インチで、CPUが速くなり、RAMが1GBに増加。159ドル。本日より予約開始(米国)で、9月14日出荷開始予定。

 『Kindle Paperwhite』は、電子ペーパーを使用した従来タイプの電子書籍端末。コントラストが25%向上し、紙のように白いのが特徴。212ppiの解像度をほこり、バッテリーは8週間もつという。119ドル。3G版モデルもあり、そちらは179ドル。本日より予約開始(米国)で、10月1日出荷予定。

 『$69 Kindle』は、69ドルと、従来機からさらに10ドル安くなった価格が特徴。ページめくりが15%高速化。広告表示により価格を抑えている。本日より予約開始(米国)で、9月14日出荷開始予定。

 気になるのは、日本国内での発売時期と価格。そして、いったいどの端末が投入されるのでしょうか。期待して待ちたいと思います。

週アス編集部

週刊アスキー

この連載について

初回を読む
週アスニュース&トピックス

週刊アスキー

cakes向けに、週刊アスキー編集部が運営するニュースサイト『週アスPLUS』の最新デジタルニュースとトピックスを厳選してお届け! 最新ガジェットからネットサービス、サブカルまで幅広いジャンルからピックアップしていきます。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード