ブス図鑑

21世紀のブスとして恵まれた資源(ブス)を計画的に運用するべきだ

社会人なら知っておいて損はしないビジネス用語。あまりに使いすぎるとちょっぴり嫌われますが、適度に使うと、ちょっぴり賢く見られます。(※個人差あり)
ビジネスとブス。ブスのコスパとは……?


顔面偏差値がZラン大学級だからといって、リアルIQまで下げる必要はない

担当のネタ出しメモに書かれた「ブス戦隊:ブスレッド、ブスブルー、ブスグリーン、ブスピンク、ブスイエロー」という文字を見て「このままではいかん」と強く思った。

思うのが遅すぎた気もするが、とにかく思ったのだ。まず、BANDAIが潰れる。発想が5歳児以下なのに、5歳児が喜ばないという最悪の状況だ。
顔面偏差値がZラン大学級だからといって、リアルIQまで下げる必要はない。どうせなら「賢いブス」という世界中の男どもが手を焼いている厄介な生き物になりたい。

もっと、そういう知性的なテーマはないのか。私は担当のメモを今一度、読み返した。
途中、「肉巻きおにぎりブス」という言葉が出てきて私の心を折りかけたが、それらしいテーマを見つけることができた。

<ビジネス用語ブス>
・イノベーションブス (技術革新ブス)
・グランドデザインブス (長期間の壮大な計画のブス)
・コスパブス (費用対効果ブス)
・コミットメントブス (ライザップ?)
・シェアブス (共有ブス)
・ブレストブス (集団思考法的ブス)

「これや」と、乾く前に触ってしまい、指紋がプリントされてしまっている個人情報丸出しのマニキュアが塗られた指で机をトンと叩いた。

こういうのにワクワクきてしまう時点で、すべてが最高に低いし、「ライザップ?」の「?」が、ガンガンに人のIQを吸い取っていくが、「ブスをワクつかせると経済が回る」という言葉がある通り、そのブスが近親者だという場合を除きブスのテンションを上げて悪いことはないのだ。

いくら資源が豊富だからといって、ブスを無駄遣いしすぎている


だが実際、ブスの夜明けを感じた坂本龍馬的気分(背中に毛が生えているという意味で)である。
旬のビジネスワードとブスを組み合わせたことによって「今まで我々がいかに計画性なくブスだったか」ということがわかったからだ。いくら資源が豊富だからといって、ブスを無駄遣いしすぎていた。

さらに、先のことをまったく見据えていない「今日ブスならそれでいい」という刹那的生き方過ぎた。心配しなくても、次の日も変わらずブスだったというせいもあるが、朝起きたら突然、美人だったという目の錯覚が起こらないとも限らない。その時、後悔しても遅いのだ。

ブスでいうからわかりづらいかもしれないが、容姿に恵まれている者はすでに「コスパ」や「グランドデザイン」を求められているのだ。
世の中には「残念な美人」「イケメンの無駄遣い」という言葉がある。生まれながらに顔が良いという資源に恵まれながら、まったくそれを生かさないどころか、殺している人間のことであり、石油王が野菜を洗ったり、便所を流すのに石油を使っているようなものだ。
イケメンなのにずっとタオルケットを口に入れているとか、美人なのに今まで風呂に入った形跡がない、とかいう奴がそれだ。

もちろん、どう生きようが本人の勝手だが、周りからは「もったいない」「コストが悪い」と思われているし、本人にとっても資源を生かすことでよりよい人生があった、と思えば大きな損失である。
また、その資源を長期的に運用していく、グランドデザインも必要だ。それらの資源を枯渇させると、すぐに「劣化警察」から大喜びで「悲報・劣化!」と、UNOで「ウノ」と言い忘れた奴を指摘するかの如きドヤ顔で言われてしまう。できるだけ資源を長持ちさせ、また年齢に応じた運用が求められるのだ。

何も考えていない美人もいるだろうが、少なくとも芸能人など容姿で売っている人間は上記のことを考えながら商売しているだろう。

美人如きにできることが、ブスにできないはずがない。こちらも21世紀のブスとして恵まれた資源(ブス)を、計画的に運用していくべきだろう。

ブスは鉱山から掘り起こされた瞬間から「ブス」として使える

まず、コスパ面だが、ブスという資源は何の加工もなく使えるという点が強い。
鉄鉱石だって鉄に加工されなければただの石だ。担当を殴るぐらいにしか使えない。その点、ブスは鉱山から掘り起こされた瞬間から「ブス」として使えるのである。

美人も何もしなくても美人だと思われるかもしれないが、それは童貞の幻想だ。人間である以上、何もしなければ色んなところから毛が生えるし、謎のシミもできる。「本当に素材のままの美人」というのは「残念な美人」と同意義であり、「ナチュラル美人」というのは「膨大な投資の末にナチュラルに見せることに成功した美人」のことである。美人にはそれを生かす加工費が大なり小なり必要なのだ。

では、グランドデザインはどうだろう。せっかく神に与えられたギフト(ブス)だ、枯渇させることなく長持ちさせていかなければならない。
しかし、ここで気づいてしまったのだが、ブスというのは、枯渇も劣化もしないのだ。むしろ何もしない方が長持ちするくらいだ。
それに比べて、美人は鯖ぐらい腐りやすい。長持ちさせるには相当の管理費がいる。ブスはそれがゼロなのだ。ブスもコスパやグランドデザインを考えなければいけない、と言ったが前言撤回だ。

ブスは存在自体が「コスパ最強」であり、21世紀のビジネスモデルそのものなのである。逆に、ブスが己のブスに対し「費用対策効果が…」「長期的運用を…」などと言い出すのは「ケチケチしている」としか言いようがない。金持ちがそういうことを考え出して、金を使わなくなったら経済はますます回らなくなる。

ブスはもっと遠慮なく、何も考えずブスを使ってよいのだ。それが「持っている者」の使命である。


「王様のブランチ」「5時に夢中!」「有吉ジャポン」「anan」などで取り上げられたブスの本はコチラです!


ブスの本懐(太田出版)

「ブス図鑑」は、ここから始まった!! ブスと男女の本質をついた名言満載、ブス必読コミック!(全1巻)

この連載について

初回を読む
ブス図鑑

カレー沢薫

「ブスに厳しいブス」と自負し、ブスのことになると、どこまでも熱くなりすぎるカレー沢薫さん。この連載コラム「ブス図鑑」は、漫画『アンモラル・カスタマイズZ』発売時の販促として「1日1ブス」を掲げ、読む者に涙と笑いを与えた同名の特設ブログ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

rosia29  この資産無駄にしてはいかん 3日前 replyretweetfavorite

ota_mo_end 「持っている者」が遠慮なくブスをワクつかせて経済を回すと…確かにブスの夜明け… 坂本龍馬的気分(背中に毛〜)で噴いたwww 5日前 replyretweetfavorite

toto1111toto https://t.co/Q4URSanAGF 「美人は鯖ぐらい腐りやすい。」 当たり前なことなんだけど、あまりにも現実の三次元において的確過ぎるパワーワード。 やっぱり二次元は尊い…。 6日前 replyretweetfavorite

sho_youma 「ブスは存在自体が「コスパ最強」であり、21世紀のビジネスモデルそのものなのである。」 今回いつも以上に何言ってるかわからないです先生www 6日前 replyretweetfavorite