松田聖子は、どうしてブレークできたのか?

「アイドルとは、『好き』になってもらう仕事」--。アイドルの世界を誰よりも知る作家/アイドル評論家の中森明夫さんが、満を持して放つ『アイドルになりたい!』。どんな仕事にも通じる大事なヒントが、たくさん綴られています。特別掲載の第2回目は、「自分の欠点こそが、魅力になる」というお話。アイドル志望の人でなくても、「なるほど!」な話の連続です。


「好き」のプロ

 さて、それでは、どうしてファンはそのアイドルを「好き」になるのか、考えてみよう。
 人は、なぜ、その人を「好き」になるのか?

 まず、知っているからでしょう。  
 あたりまえだよね。知らない人を好きになることなんてできない。

 じゃあ、アイドルや芸能人を、ぼくらはどうやって知るのかな?
 そう、テレビや雑誌やインターネットや、そうしたメディアを通して知るんだよね。

 たとえば、ある新人アイドルが、毎日、たくさんのテレビ番組に出たとする。
 たちまち多くの人が、そのアイドルを知る。その中から「好き」になる人たちが出てくる。
 それが「ファン」だ。
 好きになったアイドルのCDや写真集やDVDを買う。ライブへ行く。
 そういう仕組みだね。

 けれど、どうだろう。
 テレビに出るから有名になるし、有名な人がテレビに出る。
 でも、最初から有名だった人はいない。

 どんな有名人、人気アイドルや、大スターだって、最初は無名だったはずだ。
 今のきみと同じようにね。

 何か、きっかけがあったはず。
 つまり、そのアイドルを一番最初に「好き」になった人がいるんだ。

 ぼくはアイドルのオーディションや新人コンテストの審査員を、たくさんやったことがある。
「どういう基準で選んでるんですか?」
 そんなふうに訊かれたことがあった。
 男子大学生たちにね。

 彼らは、〈街で見かけた美女〉みたいな雑誌グラビアを見て、「おれ、この娘がいい!」「いや、おれはこの娘だな」「じゃあ、ボクはこの女の子!」とそれぞれ自分の好きな女子の写真を指さしていた。 「中森先生がオーディションで女の子を選ぶのも、単に自分の好みで選んでるんじゃないですか?
 そうだよ、自分の好みで選んでるんだ、とぼくは答えた。

 ただ、きみたちと違うところがある。
 ぼくは「好き」のプロなんだ。
 ぼくの「好き」には責任があるんだよ。

 だって、そうでしょう。
 ぼくがオーディションで一人の女の子を選んだとする。その瞬間から、彼女の人生が大きく変わってしまうんだよ。

彼女を選んだ理由  

 全日本国民的美少女コンテストの審査員をつとめたことがある。
 第7回のその年は、1万5千人以上もの応募があった。最終審査のステージには20人の女の子たちが並んだ。審査会の合議でグランプリや各賞の受賞者が決定したんだ。

 でもね、ぼくは納得がいかなかった。
 とても気になる候補がいたんですよ。
 ひときわちっちゃな女の子だった。

 歌がうまいわけじゃない。演技も上手じゃない。顔もスタイルもばつぐんってわけじゃない。
 でも……なんだか胸騒ぎをおぼえたよ。
 道ばたに捨てられた子犬みたいな女の子だった。
 放っておけない。このまま見すてたら、絶対に後悔する。ぼくが、なんとかしてあげなければならない。

 正直に言おう。
 ぼくは、その子を「好き」になっていたんだ。
 なんらかの賞を彼女に与えるべきだ、と強く訴えた。ほとんどの審査員からは賛同をえられなかったけどね。

 たった一人、まったく同じ意見の人がいた。コンテストを主催する芸能プロダクションの社長さんだった。
「いや~、だけど表彰状もタスキの用意も、もうないんだよな……」
「社長! 表彰状なんかいいじゃないですか。あの子を選ばなかったら、絶対に後悔しますよ‼」
 急遽、審査員特別賞がもう一枠、もうけられることになった。

 司会者から名前が呼ばれて、驚いた表情の女の子が立ち上がる。階段を上がって、ステージの中央へと歩み寄る。
 そう、あのすてられた子犬みたいな女の子。
 はじけるような笑顔だ。
 ああ、よかった。ぼくは、この笑顔が見たかったんだよ。
 まばゆい光のステージの中心に、ちっちゃな女の子がぽつんと立っている。
 11歳の上戸彩だった。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
アイドルになりたい!

中森明夫

「アイドルとは、『好き』になってもらう仕事」--。アイドルの世界を誰よりも知る作家/アイドル評論家の中森明夫さんが、満を持して放つ『アイドルになりたい!』。中森さんだからこそ語れる、アツくて深い言葉たち。「アイドルになりたい人」だけで...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

marekingu 「自分の欠点こそが、魅力になる」って、どういうこと? https://t.co/Ar7kxizDb7 #スマートニュース 11日前 replyretweetfavorite

moe_sugano よし、わたしもアイドルめざそう←> 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

a_i_jp 初の本格的アイドル入門本、中森明夫の『アイドルになりたい!』特別バージョンがcakesで公開中…第2回がアップです! ご一読を。< 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

atchan3rd #中森明夫 氏のつづき #松田聖子 は 「歌がめちゃくちゃうまかったとも言えない」 何を観て聴いていたのだろうか 当初は緊張して調子外れになることもあったが、聖子ちゃんはめちゃくちゃ上手かった ああいうのを歌が上手いと言うのです https://t.co/qBQV3WQ1a5 約1ヶ月前 replyretweetfavorite