雨宮まみさんの遺したもの〈前篇〉

2016年11月15日、作家・ライターの雨宮まみさんが亡くなりました。女性性とうまく向き合えない生きづらさについて書いた自伝的エッセイ『女子をこじらせて』での鮮烈なデビュー以降、多くの読者に愛された雨宮さん。詩人・文月悠光さんも、読者として作家として私淑した一人だそうです。雨宮まみさんの遺したものについて、文月さんが向き合います。

 昨年11月、ライターの雨宮まみさんが亡くなった。

 Twitterのタイムラインを流れてきた訃報記事はにわかに信じがたく、幾人かの知り合いと「本当なのでしょうか」とメッセージを交わし合った。皆、突然の知らせに理解が追いつかず、混乱しているようだった。
 その2週間前、拙詩集に推薦エッセイを書いていただき、ご本人から刊行のお祝いと励ましのメールを受け取ったばかりだった。

 私が雨宮さんと直接お会いしたのは一度だけ。2016年9月25日、雨宮さんと岸政彦さんのトークイベント終了後のサイン会でのことだった。お二人の愛に会場全体が包まれているような、和やかなイベント。一読者としてトークを楽しみ、ご挨拶も兼ねて(まだ推薦エッセイを依頼する前だった)サイン会まで残ることにした。

「雨宮さん」と検索しても

「文月さん、ですね……!」

 雨宮さんの背筋がすっと伸びた。丸帽子の陰から覗くまっすぐな目に、どきりとする。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
臆病な詩人、街へ出る。

文月悠光

〈16歳で現代詩手帖賞を受賞〉〈高校3年で中原中也賞最年少受賞〉〈丸山豊記念現代詩賞を最年少受賞〉。かつて早熟の天才と騒がれた詩人・文月悠光さん。あの華やかな栄冠の日々から、早8年の月日が過ぎました。東京の大学に進学したものの、就職活...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

akyska きれいな文章で、切ないながらにもうっとりした。 3ヶ月前 replyretweetfavorite

parabailarcanto 無料公開があと約二時間と知り…。 3ヶ月前 replyretweetfavorite

bluerevolution0 https://t.co/jle8n6s7DD 3ヶ月前 replyretweetfavorite

yuuskee “〈ひとは誰かに自分を、認めてほしいのでも褒めてほしいのでもなく、「確かめてほしい」のだと思う〉という箇所を何度もたどり直す。雨宮さんは、どんな思いでこの文章を寄せてくださったのだろうか” 3ヶ月前 replyretweetfavorite