第12回】越智直正(タビオ会長)インタビュー

古典はけんか腰で読め 中途半端では邪魔になる

 愛媛県の中学校を卒業して、大阪の靴下問屋にでっち奉公に出るとき、学校の先生が「古典を読め。おまえの頭では分からないだろうけど、100回読めば意味が分かってくる」と。「読書百遍 義 自(おのずか)ら見(あらわ)る」(三国志)という言葉を教えてくれました。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
現代に通じる「不敗」の戦略 孫子

週刊ダイヤモンド

『孫子』は今から2500年前の中国・春秋戦国時代に書かれた兵法書である。そこからはるかに時代が下った現代、孫子は「最強のビジネス書」としてビジネスパーソンに読まれている。兵法書とビジネス書、視点は違えど通底しているのは「不敗」の戦略書...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません