一食200円で、ぜいたくな「一汁一菜」

アフロで無職で独身の、稲垣えみ子52歳。朝日新聞退社後、激変したのは食生活。メシ、汁、漬物を基本に作る毎日のごはんは、超低予算ながら、本人はいたって満足。冷蔵庫なし、ガスコンロは一口、それでもできる献立とは!? レシピ本不要、作り置き不要、準備は10分でOK。今日もおいしく、いただきます!

わけあって、冷蔵庫はございません

みなさまこんにちは。アフロで無職で独身で52歳の稲垣えみ子と申します。

早速ですが私、ただいま毎日同じような簡単なものばかりを作っては食べております。

そう、このところ料理家の土井善晴先生が提唱しておられる「一汁一菜」そのものの食生活。

それを数年前から実践しているのです。

いやいや、まさかこの私がこんなものを食べる日が来ようとは。

だって私、いわゆるバブル世代です。あのわけのわからない上昇気流に日本中が踊っていた頃に青春時代を迎え、にわかに巻き起こった「グルメブーム」のど真ん中を走り抜いてまいりました。美味しいもの、珍しいもの、食べたことのないものがどこかにあると聞けばじっとしてはいられない。家でも外でも食べることに命をかけてきた。「美味しいもの無くして何の人生ぞ!」と心から信じて生きてきたのです。

ところが。

転機は、原発事故をきっかけとした節電でした。詳しい経緯は省きますが、ひょんなことからまさかの冷蔵庫を手放す事態となり、ハテどうやって生きていけばいいのかと途方にくれたあげく、そうだ江戸時代を参考にすればいいじゃんヨと。

だってあの時代、誰も冷蔵庫なんか持っちゃいなかったんです。それでもみんな当たり前にご飯を作って食べていた。

というわけで、大好きな時代劇の食事シーンをじいっと観察する日々が始まりました。

で、わかりました! 彼らの食は、メシ、汁、漬物なんです。

メシは朝炊いておひつに保管。漬物はぬか床にある。となれば、毎食「汁」を作るだけ。

なるほど。これなら確かに冷蔵庫いらず。だって味噌汁を作るだけなら、野菜と油揚げを買えば作り置きなどせずとも5分もあればすぐできるもんね。

というわけで「冷蔵庫なし生活」は意外なほどスムーズに走り出したのでした。

毎日のごはんが楽しみすぎる
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

アフロえみ子の「自由メシ!」

稲垣えみ子

アフロで無職で独身の、稲垣えみ子52歳。朝日新聞退社後、激変したのは食生活。メシ、汁、漬物を基本に作る毎日のごはんは、超低予算ながら、本人はいたって満足。冷蔵庫なし、ガスコンロは一口、それでもできる献立とは!? レシピ本不要、作り置き...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

melonsoda_xxx 朝日新聞の 5ヶ月前 replyretweetfavorite

RIME3726 すばらしいな! 5ヶ月前 replyretweetfavorite

tipi012011 これ、いい! 5ヶ月前 replyretweetfavorite

junjunh0101  本当においしそう。私もやってみたくなったけど、家族はどう言うかな??? 5ヶ月前 replyretweetfavorite