最後の処方箋「そして、点が線になる」【前編】

前回、ついに河合さんにプロポーズしたものの、あっけなく振られてしまった陽太。しかし時は流れ、人々は移りゆき、なんとまさかの展開に……!? あのあと陽太はどうなったのか? 河合さんは? 屑谷先輩は? そして、ずんずん先生はどこに行ってしまったのか? みんなのその後が語られる、最終話前編です。

ここは東京、西麻布。こじゃれた割烹屋のカウンター席に、渋い男性が一人座っていました。

陽太「あっ、先輩。お久しぶりです~」

と、その男性に陽気に声をかけるのは出来内陽太(デキナイヨウタ)です。

屑谷(クズタニ)先輩「お前、今さら先輩もないだろう」

と苦笑するのは、陽太のドブメディ時代の同僚、屑谷先輩です。

陽太「いや~でも先輩は先輩じゃないですか。それにしても久しぶりですね。前いつ会いましたっけ」

屑谷先輩「1年ぶりぐらいか? まあ、俺が会社辞めてからは今年で10年目だな」

そう言いながら、屑谷先輩はくいっと日本酒をあおりました。

陽太「ですね~。先輩のミャンマーの回転寿司チェーン店は、調子どうですか?」

屑谷先輩「悪くないね。今度また新しい店舗開くよ」

陽太「絶好調じゃないですか。僕にも投資してくださいよ」

屑谷先輩「散々貸してやっただろうが。それで、ミコちゃんの調子はどうだ?」

陽太「ああ、それは……」

と、この10年間に何があったのか、物語は少し前に戻るのでした……。




アメリカ、カルフォルニア州郊外、アーバイン。閑静な住宅街の広い一軒家に、お庭で遊ぶ一人の幼女の姿がありました。

陽太「ミコちゃーん、ご飯だよー」

陽太の一人娘のミコちゃんです。

あれからミラクルが起こり、陽太は見事、河合さんと結婚したのでした。

小さなミコちゃんは、お父さんの姿を見つけると駆け寄ってきました。

ミコちゃん「ママは?」

陽太「ママはお仕事だよ」

ミコちゃん「パパに比べてママはよく働くね」

陽太「パ、パパも働いてるからね……? ヒモじゃないからね……?」

ハハっと陽太は乾いた笑いを浮かべました。

あれから陽太は、アメリカで運よく職を見つけ、今は製薬会社で日本企業を担当する営業として働いています。

陽太(アメリカで暮らすなんて考えたこともなかったんだけどなぁ……)

と、陽太は人生の不思議をいつも思います。

陽太「ほら、手を洗ってごはん食べようねー」

ミコちゃん「うんー……」

お父さんと手をつなごうとしたミコちゃんでしたが、突然ガクッと地面に倒れこみました。

陽太「ミコちゃん!?」

陽太が慌てて抱き起すと、ミコちゃんは真っ青な顔をして脂汗をかいていました。

陽太「ミコちゃん—!?」




病院のベッドで、ミコちゃんは点滴につながれ眠りについていました。小さな腕に針が刺されている姿はとても痛々しく、陽太は自分まで胸が痛くなりました。

陽太「ごめんね……僕がいたのに……」

河合さん「ううん……」

ミコちゃんが眠るベットの横で、お母さんになった河合さんは、やつれた顔で首を振りました。

河合さん「ミコちゃん、お母さんと同じ病気だって」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
Dr.ずんずんの社会人お悩みクリニック

ずんずん

自分の会社に不満を抱えている青年、出来内陽太(デキナイ・ヨウタ)。「こんな会社もうやめたい」と日々愚痴っている陽太の前に現れたのは、「産業メンヘラ医」を名乗る謎の女で……!? グローバル企業の実態をおかしく描いた『外資系はつらいよ』で...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

skbluegreen まさか、ミコちゃん、すでに社会人病とかそういう・・・( ̄□ ̄;) 2年以上前 replyretweetfavorite

sarirahira まさかの展開になっていた 2年以上前 replyretweetfavorite

tsukioka1209 突然の展開w そして、“(次回、いよいよ最終回!) ” 2年以上前 replyretweetfavorite

HHIKARI7 急にジョブズ? 2年以上前 replyretweetfavorite