フェル先生のさわやか人生相談

変わってしまった妻と離婚しようか悩んでいます【第227回】

今回は、妻と離婚しようか悩んでいるという男性からの相談です。海外で仕事をしている彼は、日本に帰ってきても、LINEで会話をしていても、いつも夫婦間のケンカが絶えないと言います。妻は結婚して変わってしまったと嘆く彼に、フェル先生が厳しくもあたたかい言葉をおくります。

※「フェル先生のさわやか人生相談」では、フェル先生に相談したい質問を募集しています。辛辣な回答も受け入れられる勇気のある方、フェル先生に叱咤激励されたい方は、専用フォーム(匿名可)からご応募ください。

彼女を愛しているのか、もうよくわかりません。

フェル先生、こんにちは。いつも楽しく拝読しています。私は34歳の社会人男性です。率直に言うと、私はいま妻と離婚しようか悩んでいます。

私は半年ほど前から海外駐在をしており、2週間に一度のペースで年間20回ほど、1〜2週間の海外出張を繰り返す生活をしています。仕事自体は昔からの夢であり、本当にこれ以上ないと思える職に就いていますし、ほとんど休日がない生活でもとても充実しています。

妻とは三年ほど前に知り合い、出会ってから約半年で結婚を決めました。結婚後すぐに子宝に恵まれ、いま一歳半の娘がいますが、妻と娘は数ヶ月後に渡航予定で、今は日本で母娘二人の生活をしています。

私は大学時代から8年弱付き合い結婚も考えていた女性と別れた後、何人かの女性と短い付き合いを繰り返すなかで、30歳を過ぎたあたりで妻と出会いました。共通の趣味があり意気投合したこともありますし、おっとりしてとても優しい子だなと思えたので、他にも良いかなと思える人がいる中で(その人は今思うと価値観が合っていたとは思うのですが、社内だったり金銭感覚が違っていそうという理由で諦めました)、思い切って彼女との結婚を決めました。

ただ、結婚して同棲を始めたあたりから妻の性格がかなり変わったように思え、付き合っていた半年間はほとんどなかった喧嘩が、多い時には週に3度以上あり、怒って深夜に家を飛び出すと言うこともしばしばでした。

私からすると、おっとりしていると思っていた妻が実は非常に気性が激い人で、特にネガティヴな方向に振れることが多いので、怒ったり泣いたりすることはあっても、笑ったり喜んだりすることはほとんどないような気がしています(本当に、少し病気ではないかと心配になるぐらいです)。

おそらく妊娠中や出産直後と言うこともあったと思いますし、彼女からすれば優しかったはずの私がちっともそんな人間ではなかったと言う言い分もあるようです。自分では意識してなくても、それも事実なのかもしれません。

喧嘩の理由の大半は本当に些細なことで、それこそよくあるような、洗濯物のたたみ方や洗い物の仕方だとか、そういう類の話から始まるのですが、そこからエスカレートしていき、互いに酷い言葉を吐いたり、私が軽く暴力を振るわれたりすることもしばしばです。彼女が折れることはないので、基本的に謝るのはいつも私です。

育休を終え、働きながら子供を育てること、ましてやいま私は駐在中なので、シングルマザー状態の生活を送りながら一歳過ぎの子供を相手に怒涛のような生活を送ってくれていることには本当に感謝しています。一方で、離れた生活でラインで連絡を取り合うだけの関係でも、些細なことで腹を立てられ、これまた私が折れないとどうにも収集がつかないような激しい喧嘩が2週間に一度くらいは発生します。

原因は色々あると考えていますが、根本的な部分での価値観が異なることが多く、例えば家族に対する考え方です。具体的には自分の親との距離感などが非常に違っていたり、子育てに対する考え方なども相容れない部分が多くあります。私の実家はいわゆる田舎の大家族で親戚一同仲が良い、一方で彼女は東京の核家族で親戚もほとんどおらず、かつ両親が毎日喧嘩を繰り返すような環境で育っているので、その辺りで埋められない差を感じています。

彼女は仕事を辞めてこちらに来るのですが、果たして娘と二人の時間がほとんどの海外生活に耐えられるのか、またそれ以上に、私と妻が喧嘩を繰り返す環境で育つ娘は幸せなのか。喧嘩がなくなるのが一番良いとは思うものの、おそらくこの二年の間で互いの愛情も薄れている状況で、互いに折れて現状を変えるのが難しいのではと思っています。彼女自身について色々と心配に思うことはあるものの、彼女を愛しているかと言われると、正直、もうよくわかりません。

このような状況なので、離婚をするにあたり、唯一の懸念は娘のことだと思っていますが、すでにこんなことを考えている夫婦の元で暮らすこと自体が幸せでないような気もします。一方で、母子家庭は(偏見かもしれませんが)色々と苦労が多いように思いますし、父親がいるに越したことはないようにも感じています。

妻は「離婚するならお金は要らないから今後私たちに関わるな」というようなことを言っていますが、話をつけるなら妻が退職して海外渡航をする前に決断しなければと思っています。

相思相愛の夫婦を見ると、なぜ自分たちにそれができないのか、情けないですし娘にも申し訳なく思うのですが、フェル先生、こんな私にご助言もしくは厳しいお言葉をいただけますと幸いです。

(34歳・男性・会社員)

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

女優・橋本マナミさんとのスペシャル対談も収録で、ついに書籍化!

フェル先生のさわやか人生相談

フェルディナント・ヤマグチ
トランスワールドジャパン
2017-11-27

ケイクス

この連載について

初回を読む
フェル先生のさわやか人生相談

フェルディナント・ヤマグチ

恋愛投資家フェルディナント・ヤマグチが、あなたの恋と仕事の悩みにお答えするQ&A連載。第1回から飛ばしています。回答を読んで、彼氏と別れたくなった方、人生の岐路で悩んでいる方、フェルディナント先生にしかられたい方、質問どしどしお待ちし...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

marekingu #スマートニュース 3年以上前 replyretweetfavorite

_us_a タイトル冒頭時点で、夫側の一方的な見方ではと思ってしまった…→ 3年以上前 replyretweetfavorite

Pizzae_a 今回も素晴らしい回答。シビれますね→ 3年以上前 replyretweetfavorite

makimuuuuuu ひえーこの投稿に対するフェル先生の切り返しまじバッサリだった。。「おっとり」を「俺に歯向かわない」の穏やかな表現として使っている限りは苦労するわよねという話 ▼変わってしまった妻と離婚しようか悩んでいます https://t.co/ScmrixvezJ 3年以上前 replyretweetfavorite