疑心暗鬼

誤算

「福岡吉本の将来的エース」のポジションからの降格前提で、失踪したター坊は、結局戻ってきた。所長の吉田さん、そして僕も含めた福岡吉本所属の全員が、ター坊を説得したから。大阪の若手なら、失踪なんてありえない。なんでやねん!? 吉田さんの焦燥と僕たちの絶望はないまぜになっていく。

 僕がフロアーディレクターをやることになって数日後、結局、ター坊は戻ってきた。
 しかしそれは、これまでのような「福岡吉本の将来的エース」というポジションからの降格を条件とする、どこか脆弱な帰還だった。

 仏の顔も、三度まで。

 というのも、この時の失踪劇はター坊にとって3回目のことだったのだ。
 最初は、稽古の途中に買い出しに行くと言って出かけたまま、それっきり戻ってこなかった。
 その次は、極めてシンプルに営業の仕事をすっぽかした。
 当然、その度に所長の吉田さんは烈火のごとく怒り狂い、その矛先は連帯責任として僕たちにも向けられて、特に相方であるケン坊は怒りの飛び火で、いつまでも延焼していた。


 逃げ場のない稽古場に響き渡る、吉田さんの罵声。
 耳を塞げない状態で聞かされ続ける、その為す術のない不快音は、幼い頃から聞かされていた母親を罵る父親のそれと全く同じ周波数で、僕は胃の奥にズシリとした重力を感じながら、怒鳴り散らされるケン坊を壁越しに思い遣った。


「なあ、お前らも一緒に来いや」


 3回目にター坊がいなくなった数日後、つまり、ター坊が戻ってくる前日の夕方に、事務所の稽古場にいた僕たちは吉田さんに声をかけられた。

「今からター坊の家に行くんやけど、俺とケン坊だけやったら、あいつも話、しにくいやろ? 俺も冷静に話をしたいんやけど、たぶんどつきたくなると思うから、その時はお前らが止めてな」

 つとめて冗談っぽくは言ってはいたが、この時の吉田さんは、ター坊に対する怒りよりも、福岡芸人に対する困惑の方が上回っていたと思う。

 芸人なら、面白いことを言って当然だ。 芸人なら、営業の仕事は欲しいだろう。 芸人なら、テレビに出たいに決まっている。

 それなのに、なんでこいつらは……。

 なんで、面白いことが言えないんだろう?
 なんで、営業の仕事に穴を空けるんだろう?
 なんで、テレビのチャンスを放棄するんだろう?

 なあ、なんでやねん!?!?

 大阪に、こんな若手芸人はいない。
 仮にいたとしても、その瞬間、誰か他の芸人に取って代わられて消えていくのだ。

 しかし、まだ何の歴史もない福岡吉本には、取って代わるような芸人がいない。
 どうしたって、このメンバーで事務所を運営しなければならないのだ。
 少数精鋭といえば聞こえがいいが、なんとかマシな人間を掻き集めた結果が、この人数だっただけだ。
 面白いことが言えない、営業はすっぽかす、大事なテレビすらも途中で投げ出す、こんな素人連中と、なんで俺が福岡で一緒にやらなあかんねん!

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
疑心暗鬼

博多大吉

「どうして芸人になろうと思ったんですか?」一番多く投げかけられたこの質問に、いつも心の中で聞き返す。「どうしてみんな、芸人になろうと思わなかったんですか?」ーー時はバブルまっただ中。福岡の片隅で、時代の高揚感に背中を押された少年が抱い...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

you_oh 罵声のくだりがめっちゃいい。 1年以上前 replyretweetfavorite

Akiko0709 寝付けなくて頭から一気に読んでしまった。他人や周りの状況のせいで諦めなくちゃいけない時に、大義名分が見つかって安心しちゃう心理、自分のことかと。 1年以上前 replyretweetfavorite