刹那に捧げる人生を」左ききのエレン|48話

現実は変化する。2010年、光一は過去と決別し、営業部は新体制の導入を発表した。そしてニューヨークの岸アンナのまわりでも、いま大きな変化が起ころうとしていたーー。

この続きは有料会員の方のみ
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

この連載について

初回を読む
左ききのエレン

かっぴー

天才になれなかったすべての人へーー。 朝倉光一は、大手広告代理店に勤める駆け出しのデザイナー。いつか有名になることを夢みてがむしゃらに働く毎日だが……。「フェイスブックポリス」で一躍話題になったかっぴーさんが挑戦する、初の...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

ktym202003 https://t.co/BcrIG0r5EC 約1年前 replyretweetfavorite

fueino 48話。 https://t.co/zY6algvAdk 「天命もまた、絶望の背にある」 ええ言葉や。 https://t.co/XqybZ4lCwX 約5年前 replyretweetfavorite

gansaibow いつもタイプ分けの視点が面白い https://t.co/SbtaPcyl3j 約5年前 replyretweetfavorite

molipy 文学とは「つらい共感性」と「ヒリヒリする感情」と「心がねじれそうな架空体験」とそれでいて「ほんのすこしだけのファンタジー」の集合体だと思っている。その意味で「左ききのエレン」はぼくにとって、立派な文学の一つだ。 約5年前 replyretweetfavorite