第7回】果敢な大型買収の裏側に「孫の2乗の兵法」あり

孫子の兵法を活用している経営者の中で最も有名なのがソフトバンクグループの孫正義社長だろう。孫社長が孫子の兵法を独自に解釈した改良版「孫の2乗の兵法」を紹介しよう。

 2010年7月末、ソフトバンクグループの孫正義社長は、自身の後継者育成を目的とする講座「ソフトバンクアカデミア」を開講、受講者を鼓舞した。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
現代に通じる「不敗」の戦略 孫子

週刊ダイヤモンド

『孫子』は今から2500年前の中国・春秋戦国時代に書かれた兵法書である。そこからはるかに時代が下った現代、孫子は「最強のビジネス書」としてビジネスパーソンに読まれている。兵法書とビジネス書、視点は違えど通底しているのは「不敗」の戦略書...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません