第3回】大ヒットコミック キングダムに学ぶ孫子の神髄

累計2500万部を突破した、「週刊ヤングジャンプ」連載中の「キングダム」。中国の春秋戦国時代を舞台としたこのコミックには、随所に『孫子』の神髄が垣間見える。その一部を紹介する。
【あらすじ】
時は紀元前、中国の春秋戦国時代。戦国七雄の一つ「秦国」で奴隷同然の生活を送っていた少年・信(しん)と漂(ひょう)は、武功で天下に名を成すことを目指して修行に励んでいた。ある日、漂が国王・嬴政(えいせい)の影武者として王宮に召し抱えられるが、クーデター勃発で殺されてしまう。信は窮地に陥っていた嬴政を助け、「天下一の大将軍」になることを決意。500年続く戦国の世を終わらせるため、中華統一を目指す嬴政の“剣”となって、戦場で次々と武功を挙げ、将軍への道を歩んでいく。
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
現代に通じる「不敗」の戦略 孫子

週刊ダイヤモンド

『孫子』は今から2500年前の中国・春秋戦国時代に書かれた兵法書である。そこからはるかに時代が下った現代、孫子は「最強のビジネス書」としてビジネスパーソンに読まれている。兵法書とビジネス書、視点は違えど通底しているのは「不敗」の戦略書...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません