あんどろっぷ

この局番はどの地域? 電話番号から地域・団体名・業種・住所を自動表示してくれるアプリ

未登録の企業にリダイヤルで電話をかける際、どの番号がどの企業のものかわからなくなることありませんか? 「誰着?」アプリを使えば、自動探知機能で番号から企業・団体名を表示してくれるので、もう大丈夫!

みなさんこんにちは。

アンドロイド(スマートフォン)Q&Aサイト『あんどろっぷ』のライター、桜田容子です。

公的機関や民間企業と電話でやりとりしたり、かかってきたりする機会が多いかたにお薦めのアプリがあります。 

未登録の固定電話から電話がかかってきたとき、どこから発信されているのか、業種や企業・団体名を表示してくれるんです。


「誰着?」(無料)

自動表示されるのは、固定電話で、ネット上に電話番号が公開されている企業・団体のみ。

同じ固定電話でも、個人宅は住所・名前は表示されません。

アプリをインストールしたらそのまま使えます。設定する必要はなし!

発着信履歴を見てみましょう。

この日は、官公庁や旅行会社と何度か電話をしました。

いずれも電話帳登録をしていないのに、このアプリの自動探知機能により、「JTBトラベランド東京国際フォーラム店」、「JTB丸の内支店国内旅行」などと、旅行代理店の名前はもちろん、支店名、住所は番地と号数まで表示されています! 

「外務省」は、アプリを入れる前に電話帳登録したためそのように表示されています。ただ、外務省の住所はアプリ探知機能による自動表示。自分で電話帳登録した団体の場合、検索結果より登録名のほうが、優先されるようですね。

役所に電話をしたときは、○○課と、細かい部署名まで表示。業種名も、団体によっては出るようですね。

 

個人宅に電話をした際は、局番から都道府県を知らせてくれます。局番を見てもすぐにどこの地域か分からない私にはありがたい。

普段、仕事柄あらゆるところに電話をかけまくる私も、これなら混乱しなくて済みそうです。かかってきたときも、心の準備ができてて安心ですね。

 

メニューキーを押すと、発信、着信別に見ることができます。

なお、下の写真を見ると、画面には一様に「着信履歴」と書かれていますが、実際の内容は発着信履歴です。

 

設定ページを開くと、グーグル電話番号検索を可能にするかどうか、などのメニューが。なるほど、グーグル検索で住所や機関・企業名を割り出しているわけですね。

「誰着?」(無料)のダウンロードはこちらから↓

https://play.google.com/store/apps/details?id=hello.app

【対応OS】アンドロイド2.3.3以降

ケイクス

この連載について

初回を読む
あんどろっぷ

あんどろっぷ

スマートフォンの疑問を質問・解決できるスマホQ&Aサイト。スマホの公式ヘルプページもあります。http://andropp.jp/

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません