それでも僕は、外科医をやめない

雨が降ったら、傘をさした方がいいと思う

ゴールデンウィークに入っても病気や怪我をする人が急に減るわけでもないので、病院も医者も休みなく通常営業を行なっているところは多いようです。そして、結婚をしたからといって、雨月氏の生活も大きく変わるわけではなくやはり病院で患者と向き合う生活は変わらないようです。前回に少しだけ述べた5月病の話の続きともいうべき今回の話は、つい頑張ってしまいがちな人たちに送る提言です。

こんにちは、外科医の雨月メッツェンバウム次郎です。

世間はゴールデンウィークに入り、FacebookやInstagramの私のタイムラインには海外やあちこちに旅行に行った写真が流れています。モデルの子がドバイに行っていたり、化粧品会社のNY勤務の子がキューバで水着になっていたり、大学時代の友人がベビーとアムステルダムの公園で遊んでいたり。

私はというと、毎年遠出はせずがらんとした東京でボーッと過ごすことにしています。特に混んでいる時に、人が多いところに行くのは、観光でもビジネスでも損ですからねえ。

https://twitter.com/ugetsujiro/status/859212224992...

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
それでも僕は、外科医をやめない

雨月メッツェンバウム次郎

高学歴エリート集団だと思われがちな外科医の世界は、実は、毎日人を切り刻んでる特殊な世界です。現役医師が語る外科医の世界は、とっても不思議な世界。毎日、さまざまな患者さんと接し、手術をするなかで感じたことを、ありのままに語ります。not...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

PhillipAvery16 本日cakesに新記事を更新しました。いつかのために。 約2年前 replyretweetfavorite

HHIKARI7 詩的なタイトルですが、本文はとてもためになる。 約2年前 replyretweetfavorite

zawa_0303 私のストレスとの向き合い方とそっくりで ずっとコレはダメなやり方やけどコレしか耐えれる方法が無いって考えてたから その方法間違ってないよって言ってもらって良かった すっごい気が楽になった https://t.co/G15141Pg0R 約2年前 replyretweetfavorite

moe_sugano やっぱ雨月さん好きだ。なんていうか・・・こじらせ思考のパターンが、たぶんわたしと似てるんだと思う。> 約2年前 replyretweetfavorite