テロの時代に「家族」をどうアップデートするか

多彩な活躍を続ける東浩紀さんの渾身の書き下ろし『ゲンロン0 観光客の哲学』。東浩紀さんの著作としてははじめて「哲学」という名前がつけられた本書についてのインタビュー第4回は、本書の後半・第2部である「家族の哲学」についてじっくり話を伺いました。

— 前回までは、「観光客の哲学」とは具体的にどういうものかを聞きました。つづいて、後半の第2部である「家族の哲学 序章」についてお話伺いたいと思います。
 これは、観光客の内面というか、何を拠りどころにして生きるか、を論じているんですよね。

東浩紀(以下、東) ええ。観光客のアイデンティティについて書いたのが第2部です。

— 構成がユニークで、2部の冒頭では、そのアイデンティティの核として「階級」「土地」「血」「遺伝子」「ジェンダー」などでは機能しないことが整理され、「家族」の定義の腑分けをしつつ、最終的には、ドフトエスキーの作品を通じて、別の角度から問題に分け入っている。

 ええ。アイデンティティについて考えるときは、文学が手がかりになります。そして、そこでなぜドストエフスキーなのかと言えば、いまがテロの時代だからです。ドストエフスキーは、まさにテロの時代に生きた文学者でした。

— 観光客の時代=テロリストの時代、であるとも書かれている。「観光」自体、旅が大衆性を帯びて、一般人が自由に海をわたれるようになった近代の概念とありました。ドフトエスキー(1821 – 1881)は、観光産業の基礎を啓蒙的に築いたトマス・クック(1808– 1892)とも同じ時代を生きている。

 ドストエフスキーの時代が、大衆社会の雛形が生まれた時代でもあったのですね。そしてそれは同時にテロの時代の幕開けでもあった。

— 以下の節が端的に第2部の問題意識を集約しているように思いました。

世界がどれほどユートピアに近づいたとしても、そしてそのユートピアがどれほど完全に近づいたとしても、人間が人間である限り、ユートピアがユートピアであるかぎり、その全体を拒否するテロリストは必ず生みだされる。それが、いまぼくたちの世界が直面している問題である。その本質は政治の問題ではない。文学の問題である。しかしテロという帰結は政治の問題なのだ。

『ゲンロン0 観光客の哲学』275ページより

 この『ゲンロン0』でぼくが試みたのは、政治と文学の統合だとも言えるでしょうね。

哲学のはじまりは孤独な死だった?

— しかし、第2部の題目は「家族の哲学」。このタイトルだけ聞くと、道徳的なお話なのかなと思ったのですが、途中ではっきりと「家族の哲学という言葉から、お父さんとお母さんを尊敬しようとか、子どもを産もうとか、兄弟は仲よくしようとか、そのたぐいの道徳的で退屈な議論」ではないと書かれていますね。

 そうです。日本の知識人の常識では、家族が大事とか言いだすやつにろくなやつはいないということになっている。でもぼくは、彼らが想定するようなことを言いたいわけではないのです。

— 確かに今日日、家族観は人それぞれバラバラで、声高な道徳観念とはなんとなく距離を取りたい気持ちもあり。そういう意味では、いろんな人に配慮しないといけない内容なので、とても注意深く書かれているように思いました。

 日本ではいまは「家族」という言葉はとても狭い意味になっている。その言葉の意味そのものを拡張して考えようという提案です。だから、普通に言う「家族を大切にしよう」という話ではまったくない。そこは誤解しないでほしい。
 そして同時に書いていてあらためて思ったのは、人間にとって家族というありかたはとても奇妙なもので、その性質をきちんと考えるのは哲学的にとても重要だということですね。いままでの哲学はあまりそこを真剣に考えていないように思います。家族とは市民社会や市場原理が生まれる以前の人間の連帯の原理ですが、そこをアップデートすることは、資本主義の乗り越えにもつながる可能性がある。

— つまり資本主義以前の人間のあり方のアップデートにつながるかもしれない。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

著者20年の集大成、東思想の新展開を告げる渾身の書き下ろし新著

ゲンロン0 観光客の哲学

東 浩紀
株式会社ゲンロン
2017-04-08

この連載について

初回を読む
東浩紀よ、どこへ行く

東浩紀

検索すればあらゆることがわかる時代。日々たくさんの情報に埋もれているけれど、果たして本当に欲しい情報はなんなのか。茫漠たるネットの時代において「かけがえのない生き方」を示した作家・思想家の東浩紀さんの新著『弱いつながり 検索ワードを探...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

OsamubinLaden あずまんが着ぐるみを着ているかのようだ  4ヶ月前 replyretweetfavorite

wanikana やばい、おもしろいなぁ。あずまんのこれまでの思想を貫くものになっているみたい。 4ヶ月前 replyretweetfavorite

achaz そしてこのインタビュー記事のハイデガーの話(ほんとにそうですよ。「みんな死ぬんすよ! 絶対的に! 孤独で! 一人で! だからおれは現・存・在、ガーン!」みたいな哲学ですからね。)が今頭から離れなくて困ってる。 https://t.co/tBTD9khu4n 4ヶ月前 replyretweetfavorite

CAPPAYA 家族をシェアして、延長家族を世界中に作るのが一番。> 4ヶ月前 replyretweetfavorite