ドラがたり

なぜクラスのマドンナであるしずかは、ダメ男・のび太を選んだのか?

藤子・F・不二雄先生と『ドラえもん』を誰よりも愛する編集者/ライターの稲田豊史さんによる唯一無二の『ドラがたり』。「才能のある男」を選んだジャイ子に対して、なぜしずかは出来杉ではなく、「才能のない男」のび太を選んだのでしょうか?(毎週水曜日・土曜日更新)

しずかはなぜのび太を選んだのか?

 「才能のある男」を求めたジャイ子に対し、あえて「才能のない男」をピックアップしたのが、しずかだ。

 なぜクラスのマドンナであるしずかは、ダメ男・のび太を結婚相手に選んだのか? これに関しては、てんコミ25巻収録の「のび太の結婚前夜」(「小学六年生」1981年8月号掲載)における、しずかパパの「のび太評」がその〝答え〟として一般に流布している。しずかパパ曰く、「あの青年は人のしあわせを願い、人の不幸を悲しむことのできる人だ。それがいちばん人間にとってだいじなことなんだからね。」

 ただし、藤子・F・不二雄は別の〝答え〟も用意している。てんコミ20巻収録の「雪山のロマンス」(「小学六年生」78年10月号掲載)である。14年後の未来、のび太を雪山登山に誘うしずか。しかしのび太は「坂道に弱くてねえ。たいらな山ならいんだけど……。」と気乗りしない。そこでしずかは別の友人たちと雪山に赴くが、途上ではぐれて遭難する。

 この状況をタイムテレビで見ていた現代の少年のび太は、タイムふろしきで大人のび太となり、タイムマシンに乗ってしずかを助けに行く。しかし失敗ばかりで逆に結局しずかに励まされ、助けられる体たらく。ラスト、無事生還したしずかとのび太の会話が以下だ。

しずか「のび太さんと結婚するわ。」
のび太「あ、あ、ありがとう!!」
しずか「そばについててあげないと、あぶなくて見てられないから。」


▲てんコミ20巻「雪山のロマンス」(「小学六年生」1978年10月号掲載)より

 このコマで、のび太は感動のあまり情けなく泣きはらし、しずかは実に清々しい笑みを浮かべている。まるで、すべてが彼女の思いどおりにいったかのように。

 ここでわかるように、しずかがのび太と結婚する目的は、「のび太に対する圧倒的な優位性の獲得」である。のび太ほどのダメ男なら、一生、自分をあがめてくれるだろう。自分と結婚したことを感謝してくれるだろう。図抜けた戦略家だ。さすが、イメージダウンを恐れて「やきいも好き」を隠そうとしただけのことはある(参照)

 結婚を経験している方であれば、わかっていただけるはずだ。結婚にあたって「どちらが土下座したか」は、結婚後の夫婦のパワーバランスに大きく影響を与えることを。結婚を懇願したほうが立場は低くなる。当然だ。

 光浦靖子曰く「勉強も運動もそこそこできるが、突出した才能がない」しずかにとって、この選択は賢明だった。情けなくて、何もできないのび太を夫にすることで、自分は一生「姫」でいられる。悪寒すら走る、異常にリアリティのある女の打算がここにある。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

「のび太系男子」のあなたへ贈るマニフェスト。全く新しい『ドラえもん』論!

この連載について

初回を読む
ドラがたり

稲田豊史

世代や国境を超えて読み継がれる『ドラえもん』を、いま私たちは、どのように読み返すことができるのでしょうか? 全世界の「のび太系男子」に贈る人生の教訓から、ひみつ道具に託されたSF(すこし・ふしぎ)なメッセージ分析まで。 藤子・F・不...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

draken_chirico https://t.co/9Hfk0r6dRy 4ヶ月前 replyretweetfavorite

fusanosuke “『ドラえもん』を誰よりも愛する編集者/ライターの稲田豊史” 1年以上前 replyretweetfavorite

PLANETS_9 #映画ドラえもん #のび太の宝島 公開間近! cakesで特別掲載された 稲田豊史さん『 #ドラがたり 』人気回をご紹介😺 映画鑑賞のおともに! https://t.co/4OT698HJJo 1年以上前 replyretweetfavorite