フランス人は知っている「孤独」のメリット

前回、ココ・シャネルの生涯を知り、彼女の孤独に興味を持った中村さん。ふと振り返れば、これまで出会ったパリジャンたちにも、同じ孤独が感じられることに気づきました。フランスの個人主義的な生活様式に目を向けながら、ただネガティブなだけではない「孤独」の捉え方について考えます。

パリジャンの人生に横たわる「孤独」

前回のパリジャン十色では、ココ・シャネルの意外な魅力、彼女が人生最後の瞬間まで一貫して「孤独」であったことについてお話しました。彼女の生涯を知ったことで私は、今を生きるパリジャンたちの中に、シャネルのファッション哲学だけでなく「生き方」までもが引き継がれていると感じました。

振り返ってみれば、これまでインタビューしてきたパリジャンには、シャネルのように、自分の基準をもって、他人に惑わされず、強く自立して生きている人がたくさんいました。そして、強く生きているように見えるパリジャンも一方では、やはりシャネルと同様、その人生には「孤独」がちらついて見えるのです。

といってもこの「孤独」は、私が日本で感じたり、考えていたものとはちょっと違う種類のものです。フランスでは、そもそも一人一人の人間が「個」であることを前提として生きているので、「孤独」と書くより、「個独」と表現したほうがぴったりくるように思うのです。

ではこの「個独」とはどういうことなのか、また、どうして私がそう思うのか、色々な具体例をまじえて紹介してみようと思います。

赤ちゃんから高齢者まで、「個」として生きるフランス

まずフランス人は、この世に生まれる前からすでに、一人の「個」として扱われます。子供が生まれるとなると、出産前に子供部屋を準備するのがフランス家庭では一般的です。家のスペースに余裕がないという場合以外、生後間もない赤ちゃんでも、親とは別室で寝かされます。日本のように親子そろって「川の字」で寝ることは基本ありません。

赤ちゃんの様子が見られなくて不安じゃないの?と思うでしょうが、部屋が離れている場合は、遠隔カメラを設置して赤ちゃんの様子をチェックする方法が浸透しているのです。

また、子供が成長して思春期に入ったとしても、親が離婚したければ離婚し、新しい恋人とデートしたり、一緒に生活を始めることも珍しくありません。日本のように子供を優先して親の希望を我慢する、なんてことはめったにないのです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
パリジャン十色

中村綾花

“花の都”と称され、雑誌やテレビでもその優雅なイメージが特集されることの多い、フランスの首都・パリ。パンやスイーツはおいしいし、ファッションは最先端だし、歴史ある建物たちも美しいし、住んでいる人もおしゃれな人ばかり……と思いきや、パリ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Barbara_Mass 暇なのが問題なのよね。きっと。 6ヶ月前 replyretweetfavorite

ryuzo_takahashi 子供を優先して良い大人になる訳ない。大人になった周りの人を見ればわかる。 >日本のように子供を優先して親の希望を我慢することはめったにない 7ヶ月前 replyretweetfavorite

Lave_chamo |中村綾花 @ayakahan |パリジャン十色 7ヶ月前 replyretweetfavorite

MorimiLui1225 #スマートニュース 7ヶ月前 replyretweetfavorite