食感と旨味を楽しむ「ソラマメとベーコンのワイン蒸しご飯」

今回は、旬の空豆に、ベーコンとワインを組み合わせたごはん料理です。実はポルトガルでもよく食べられているソラマメ、皮ごと食べるのか普通なんだとか。皮付きのほっくりした食感、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか? もちろんワインとの相性も抜群です!

cakes読者のみなさま、こんにちは。

4月も終盤、もうすぐ5月ですね。数週間前まで見事な桜並木だった沿道の木々は、きれいに散って葉桜になり、青々とした新緑が風に吹かれると、さわさわと音を立てています。目に眩しいほどの鮮やかな緑を見ていると、自分もどこかが新しくなったかのような、新鮮な何かをもらって、元気になれるような気がするのはどうしてでしょう。緑は生命力そのものを表す色、見るのはもちろん、食べてもどんどん元気になれる気がします。

穏やかな春から活発な夏へと移り変わりはじめる、いや、春に別れを告げるこの時期は、旬の短い山菜やたけのこなど、季節を象徴する山の幸が次々と店先に並びます。そのなかでも、春と夏の中継ぎとしてこれから旬を迎えるのがソラマメ。コロンと太った緑の丈夫なさやの中で、綿のようなベッドに横たわりながらぷっくり育ったあの豆の独特の味といったら。ほろ苦いような少しクセのある味わいが、夏への入り口を感じさせます。

空豆は日本らしい豆、と思いきや、実はポルトガルでも愛されている食材です。以前も「ソラマメとベーコンのワイン蒸し」でその辺りのエピソードをご紹介しましたが、日本とポルトガルのソラマメに、さほど大きな違いはありません。でも、食べ方には大きな違いがあります。それは、皮ごと料理するか、皮をむくかの違い。ポルトガルでは、さやから豆を出したら、薄皮をむくことはあまりありません。えっ、皮固くないの?と思われるでしょうが、食べてみるとこれが結構いける。蒸された皮はすっかり柔らかくなり、その分皮に守られた豆の食感はほっくりしているので、そのコントラストも楽しめるのです。皮付き空豆、だまされたと思って、ぜひ1度トライして欲しいです。

今回は、「ソラマメとベーコンのワイン蒸し」をさらにごはんものにアレンジしました。以前このレシピを作ったときに、せっかくだからごはんものにもアレンジしようと家で何度か作っていました。そして、食べながら思っていたのです。もしかしたら、ごはんアレンジしたほうがもっと好きかもって。

そんなわけで今回は、ほっくりソラマメとベーコンの旨味たっぷりの、ごはんの紹介です。もちろん、ワインがばっちり合いますよ! 料理にもワインを使うので、飲むつもりのワインを使えば相性最高です。

Menu do dia 本日のメニュー

「ソラマメとベーコンのワイン蒸しご飯」

■材料(2人分)

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

いつもの食材があっという間に異国の味に。がっつり食べてお腹も満足、なぜだかお酒が止まらない!

ケイクス

この連載について

初回を読む
ポルトガル食堂

馬田草織

ポルトガルや南蛮絡みのエピソードが大好きな編集者・ライターの馬田草織さんが、仕事現場や旅先、日常で気になった食のサムシングと、それにちなむおつまみ&ぴったりなお酒を月替わりでご紹介していく、家飲みも外飲みも楽しむ人へ捧げる至福のほろ酔...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

marekingu #スマートニュース 2年以上前 replyretweetfavorite

One_Kiss_B #SmartNews おいしそっ(⁎⁍̴̀﹃ ⁍̴́⁎) https://t.co/1nnxHVkXLi 2年以上前 replyretweetfavorite

koziseren お…美味しそう… ソラマメってあんまり食べたことないんだけど、こうやって食べればいいのか…。 2年以上前 replyretweetfavorite

rakaxa |馬田草織 @saoribada |ポルトガル食堂 そら豆の内側の皮、意外に美味しいよね。 https://t.co/u2FtQWXryn 2年以上前 replyretweetfavorite