ドラがたり

90年代半ばに出現した、ジャイ子系女子とは

藤子・F・不二雄先生と『ドラえもん』を誰よりも愛する編集者/ライターの稲田豊史さんによる唯一無二の『ドラがたり』。今回は、1990年代半ばに出現した、10〜20代の「ジャイ子系女子」について掘り下げます。(毎週水曜日・土曜日更新)

サブカル女子のプロトタイプ:ジャイ子系女子

 『ドラえもん』の連載が晩年期に差しかかった1990年代、世の女子たちがしずかのように類型的かつ前時代的な「オーソドックスな昭和マンガ的マドンナ」の属性を追い求めることでサバイブできるような時代は、既に去っていた。「やきいも好き」を隠す程度のイメージコントロールで、スクールカーストの上は目指せない。そもそも、持って生まれた容姿がしずかレベルにある人間は限られており、「カワイイ」だけで世を渡ろうとするしずか流サバイブには、まるで現実感がなくなったからだ。

 代わってその実用性を買われたのが、手に職(マンガを描く能力)を持って世界に立ち向かう、ジャイ子流サバイブという方法である。ブスでガサツ、忌み嫌われる当て馬キャラ、のび太にとって「失敗した未来」の象徴として創造されたジャイ子は、長い年月をかけ、「容姿には難ありだが、一芸に秀でた女子」として、ようやくまともな人権を得た。そんなジャイ子の最終的な成長段階が描かれたのは、「小学六年生」90年8月号に掲載された「ジャイ子の新作まんが」(てんコミ44巻収録)である。

 しかしジャイ子というキャラクターの本質は、おそらく作者の藤子・F・不二雄も予想だにしなかったかたちで、1990年代以降の日本社会において〝市民権〟を得ていくことになる。

 1990年代半ばのこと。突如「ジャイ子系女子」とでも呼ぶべき10〜20代の女子クラスタが、日本全国で同時多発的に出現した。おもな生息場所は高校や大学の文芸部、漫画研究会、演劇部など。美大進学者ほか、写真系、服飾系、デザイン系専門学校生のなかにも発見された。

 彼女たちの見た目は、ぽっちゃり体型の低身長。言葉を選んで慎重に形容するなら、〝顔面偏差値に際立った優位性は見いだせない〟娘たち。そんな生来的な容姿のビハインドを、カギカッコ付きの〝個性〟やサブカルに代表されるマニアックな情報の武装をもってカバーする彼女たちは、近年で言うところの「文化系女子」「サブカル系女子」「腐女子」などの予備軍にしてプロトタイプだった。

 彼女たちは、自分たちが持ち得ない「男子受けする容姿・女子力」以外のスペックを異常発達させることで、居場所とアイデンティティを確立し、社会をたくましくサバイブしていった。その姿はまるで、「およそ小学校中学年が読まないような作品をマニアックに読み解き、かつオリジナルを創作する能力」という一芸を武器に人権を取り戻していった、ジャイ子の勇姿をも彷彿とさせる。

 女子の類型を歴史的・体系的に論じた松谷創一郎氏の著書『ギャルと不思議ちゃん論 女の子たちの三十年戦争』(原書房 2012年)にも、「美大のジャイ子」が登場する。1994年、美大に入学した松谷氏がキャンパスで遭遇した彼女の特徴は、「たしか短大のデザイン系の学科」「背が低くて太っていて」「ジャイ子とよく似たルックス」「篠原ともえのような幼児的な格好」「本人もジャイ子と自称していたそうだ」「日々躁状態」と説明される。

 複数の友人から「うちの学校にもジャイ子がいた」と聞き、「さまざまな高校や大学に、それぞれのジャイ子がいたのだ」とする松谷氏は、ジャイ子のくだりをこう結ぶ。

国民的マンガをリソースとした〝ジャイ子〟は、「イケてるわけではないが、だれに対しても存在感をアピールできるキャラ」として機能する。それはイケてるキャラクターを目指すことなく、かと言って〝地味な存在〟として生きることには抵抗した、不思議ちゃんのひとつの生き方だったのだろう。
(松谷創一郎『ギャルと不思議ちゃん論 女の子たちの三十年戦争』原書房 2012年)

 実際、1990年代半ばを10代で過ごした筆者の周囲にも、文字通りジャイ子のごとき「小太り・黒髪おかっぱorマッシュルームカット・ベレー帽」といういでたちのジャイ子系女子がいた。愛知県の公立高校の同級生に1人、横浜の四年制大学のキャンパスにちらほら。この大学には建築学科があり、ハイブロウなカルチャー月刊誌『スタジオ・ボイス』を熟読しつつ都内の美大生と交流するような〝感度の高い学生〟が多かったため、ジャイ子系女子が生まれやすい環境だったのかもしれない。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

「のび太系男子」のあなたへ贈るマニフェスト。全く新しい『ドラえもん』論!

この連載について

初回を読む
ドラがたり

稲田豊史

世代や国境を超えて読み継がれる『ドラえもん』を、いま私たちは、どのように読み返すことができるのでしょうか? 全世界の「のび太系男子」に贈る人生の教訓から、ひみつ道具に託されたSF(すこし・ふしぎ)なメッセージ分析まで。 藤子・F・不...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

OsamubinLaden 名前つければいいってもんじゃねえだろ  約2年前 replyretweetfavorite

mzmktr サブカル女子を大増殖させたのはhiromixの存在も大きい。彼女の作品は正直好きだったが。 約2年前 replyretweetfavorite

PLANETS_9 明日10時まで無料公開中! cakesでの #ドラがたり 特別掲載、最新回です✨ https://t.co/mDl3gyhk7b 約2年前 replyretweetfavorite

passion_tanaka #あとで読む 約2年前 replyretweetfavorite