初心者必見! 失敗しない香水のマナーと選び方

人の印象は見た目が50%以上。ビジネスの現場において、身だしなみに気を使っている人とそうでない人では、最大2700万円もの生涯年収の差が出るというデータもあります。実はかなり重要なビジネスにおける「見た目」について、メンズ美容家 山川アンクさんが、相手によい印象を持ってもらえて、明日からでもすぐできる、身だしなみの基本を書いた「収入2700万円の差がつく身だしなみ」の内容を、特別掲載いたします。

買う前に知っておきたいフレグランスのマナーと種類

 私、山川アンクのYouTubeチャンネルの中で最も視聴回数が多いのが、フレグランス(香水)に関する解説動画。男性のみなさんが強い関心を寄せてくださるのですが、私のスタンスは一貫して「ビジネスシーンでのフレグランス(香水)使用はNG」です。

 というのも、職場はいろんな価値観の方が入り混じるところです。営業先や商談の場ではなおさらでしょう。フレグランスというのは一般的にはいい匂いとされているものでも、人によっては不快に感じることがあります。どれだけ評判のいい香りでも、それが「鼻につく」人はどうしてもいるものです。要するに、好みには個人差があるんですよね。
 とはいえ、使い方やTPOさえ間違えなければ、フレグランスも有効に働きます。たとえばビジネスを離れて大切なパートナーとお出かけする際に、彼女の好きな香りを身にまとうのは粋な使い方。
 というわけで、フレグランスについて今からお話しすることは、あくまでビジネスシーンではなくプライベートやアフター5で使用することを前提にしていただければと思います。

 まずは上手なつけ方について。
 フレグランスは揮発性のあるものなので、香りは下から上に上がります。お腹の前あたりで手に持って、前方に広がる空間に1〜2プッシュして吹き出してください。自分の体ではなく体の下前方に吹き付けます。そこに生まれたスプレーの霧の中をすっと通って、また戻る「香りの霧をまとう」イメージです。こうするとフレグランスの粒子が下半身にまんべんなく付着し、アルコールの揮発に角がなくなり、香りがふわりとやさしくなります。「霧を全身にまとう」のが上手な付け方なんですね。
 また、その際は必ず裸になってください。衣服ではなく肌に直接つけることで、体温で揮発速度が変わり、香りの微妙な変化に個人差が生まれます。さらに体臭となじんで初めて「その人らしい香り」になります。服の上から吹きかけると染みの元にもなりますから、フレグランスは必ず肌につけるものと覚えましょう。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

初期投資3万円で誰でも変われる「見た目」改造計画。 スーツ選びから、デオドラント(消臭)、頭皮ケア、肌の整え方、 ヒゲ剃り(シェービング)などなど、知っているようで知らない「ビジネススキル」の決定版!

この連載について

初回を読む
収入2700万円の差がつく身だしなみ

山川アンク

人の印象は見た目が50%以上。ビジネスの現場において、身だしなみに気を使ってる人とそうでない人では、最大2700万円もの生涯年収の差が出るというデータもあります。実はかなり重要なビジネスにおける「見た目」について、メンズ美容家 山川ア...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

marekingu #スマートニュース 2年以上前 replyretweetfavorite

Ankh_beauty 「香水をつけている男性は苦手」という女性の多くは、正しく言うと「香水をつけ過ぎている男性が苦手」なのであって、良い匂いのする人つまり上手に香水をつけている男性はほとんどの女性は好きです。これは本当。 https://t.co/rJ6b7CE27Z 2年以上前 replyretweetfavorite

gusuko_midori つけすぎおじさんには目もあてられない。あーエゴイスト、とかわかるくらいの。げーのー人じゃないんだから。飯食うのに香水すごいやつもおるし。 2年以上前 replyretweetfavorite