非日常の空間で、20人と愛について語り合いました

複数の人と同時にそれぞれが合意の上で性愛関係を築くライフスタイル「ポリアモリー」。当事者であるきのコさんは、ポリアモリーについて語るイベントに度々招待されることがあるようです。福岡で行われたイベントに続き、今回は、築150年の古民家を改築したゲストハウスで行われたイベントに参加した時の様子を綴っていただきました。

※きのコさんに聞いてみたいことやこの連載に対する感想がある方は、応募フォームを通じてお送りください!HN・匿名でもかまいません。

こんにちは、きのコです。

先日「田舎でポリアモリーを語る会」に参加してきたので、今回はそのイベントレポートをお届けしたいと思います。

築150年の古民家を改築したゲストハウスで

イベントをやりましょう!!と声をかけて下さったのは、ポリアモリーの話題を通じてインターネットで仲良くなったカルロスさん。彼のいる千葉の金谷へ、私の自宅からは電車をいくつも乗り継いで片道3時間以上の道のりです。

金谷は、都心からちょうど良い遠さでちょうど良い具合の田舎らしさと旅気分が味わえる、私にとっての穴場スポットです。山と海とが近く、駅から徒歩圏内に温泉があり、名物「黄金アジ」など新鮮な魚が食べられ、初夏には蛍が飛ぶ豊かな自然があります。

会場となったのは、築150年の古民家を改築したゲストハウス。

玄関の扉を開けると、上がりかまちに昔なつかしい筒型の石油ストーブが据えられ、でっかいヤカンが乗って湯気を噴いています。

奥座敷の10人以上も入れそうな大きなコタツでくつろぐうち、参加者の人たちが次々に訪れてきました。

今回集まった皆さんは、大学生から50代まで20名。なかには、茨城や大阪など遠いところから来てくれた方もいました。

厳格な「モノガミー」規範の中で育ったとしても

コタツでお茶やお菓子をつまみながら、和やかに始まった「語る会」。ポリアモリーについて、あるいは日常の恋愛模様について、はたまたポリアモリーは社会問題の解決策になり得るか!?などなど、さまざまな話題が飛び交います。

特に私の印象に残ったのは、とある参加者の人の話です。

両親の信仰する宗教上の理由で、「結婚するまでセックスしてはならない。もちろん、結婚したら配偶者としかセックスしてはならない」という厳格なモノガミー規範の中で育てられた彼。しかし彼は成長するにつれて「愛とは何か」について考えるようになり、その宗教の説く「本当の愛」のあり方に疑念をもち、悩むうちにポリアモリーの概念に出会い、やがて実践するようになったといいます。

彼は、自分の両親やその宗教を否定するつもりは全くないけれども、その教えにどうしても納得できなかった、そんな時ポリアモリーに出会って楽になった、と語ってくれました。

生まれた時から両親や周囲の人に信仰に基づく強いモノガミー規範を教えられて育っても、それでも人はその価値観に疑問をもち、ときには異なる価値観で生きるようになることもある。

どんな価値観でもそうですが、モノガミー規範も「決して覆されない概念」ではなく、相対化することはできるし、そのことによって救われる人もいる、ということを知って私は感銘を受けました。

マイノリティだと幸せになれない?

また、カルロスさんとも、改めて共感しあえる話ができたと思っています。

彼は、自身のブログでこう書いています。

僕も[高学歴にも関わらず無職]、[組織になじめない不適合者]という面があります。
きっと世の中的にはマイノリティなのでしょう。
でも一つ言えることは、マイノリティだから幸せではないわけではありません。
常識から漏れたから、不幸せに生きなければならないわけではありません。

「ポリアモリー」とか「LGBT」とか小難しい横文字を使ってはいるけれど、私は自分を特殊な人間だとは考えていません。「世の中の『こうあるべき』という規範に生きづらさを感じる人」という意味では、カルロスさんの言うようなある種のマイノリティ性は多くの人がもつものだと思います。「誰の中にもマイノリティ性とマジョリティ性とがある」というのは、私とカルロスさんが意見を同じくするポイントです。

語る会のあとには近くの海浜公園まで皆で散歩して、夕焼けの景色を楽しみました。

夜には大きな鍋いっぱいにキムチ鍋をつくり、皆で夜遅くまで飲んで語り合い、広い和室に布団をいっぱいに敷き並べて雑魚寝。まるで修学旅行のような楽しさです。

翌日は早めに帰る人、のんびりと近くの定食屋へ朝ごはんを食べに行く人、ストーブを囲んで昨日の続きを語り合う人とそれぞれ自分の好きな過ごし方をしつつ、三々五々解散しました。

初対面の方も多い中、2日間で昔からの知り合いのように打ち解け、仲良く話をすることができて、とても実り多いイベントになったと思います。

ポリアモリーを語るうえで「場」の雰囲気はとても大切
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
わたし、恋人が2人います。

きのコ

「ポリアモリー」という言葉をご存じでしょうか? ポリアモリー(複数愛)とは、複数の人と同時に、それぞれが合意の上で性愛関係を築くライフスタイルのことをいいます。浮気でも不倫でも二股でもない「誠実で正直な複数恋愛」とはどのようなものなの...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

tipi012011 『みんな違ってみんないい』ってこういうことだと思うのだが。 3年弱前 replyretweetfavorite

ikechan0201 ちゃっかり金谷、登場しています。 3年弱前 replyretweetfavorite

crls1031 先日行った「田舎でポリアモリー(複数恋愛)を語る会」をこんな素敵なレポートにまとめて頂きました。本当に嬉しく思います。ありがとうございます! 3年弱前 replyretweetfavorite

kinoko1027 @crls1031 カルロスさん!イベントレポート公開されましたー!!(*´꒳`*) 3年弱前 replyretweetfavorite