承認欲求の大きな落とし穴とは

誰かに認められたい、承認欲求は人間の根源的な欲求です。その承認欲求は誰かと比較する限り、誰かを犠牲にしているそうで――

古見宇こみう博士
23歳男性。生後一週間でマクローリン展開をする。四歳でハーヴァードに入学。六歳で数学の博士号を取る。二十歳で万物理論を完成させたのち、「コミュニケーション」の発明を行う古見宇発明研究所を設立する。

ニケ
32歳女性、千葉県出身。古見宇研究所助手。好きなものは竹輪とGINZA。嫌いなものはセリーヌ・ディオン。「宇宙の解」を知って絶望していた博士に「コミュニケーション」という難題を与え、結果的に古見宇研究所の設立に繋げる。


「ブログを再開したんですよ」

 研究室から出てきた博士に、私はそう言った。

 ブログのことはまだ知らなかったのか、少し意外そうな顔をしてから「うん、いいことだと思うよ」と博士はうなずいた。「人間、なんらかの形で承認欲求を満たしていかないとね」

「そうですよ。どうせ私は承認欲求の塊です」
 私は博士に向かって「ベー」と舌を出した。以前ブログの一件で傷つけられたことを忘れたわけではなかった。

「やけに素直だね。何かきっかけでもあったの?」

「先週、前の職場の後輩と久しぶりに会ったんです。その子に『ニケさんの考えてることが知りたい』って言われて、ああ世の中には、私なんかの考えでも必要としてくれる人がいるんだって」

「その後輩に感謝しないとね」

「まあそうですね。一緒に仕事していたころは、結構苦労しましたけど」

「苦労?」

「彼女、クミちゃんっていうんですけど、全然仕事ができないんですよ。私も大概ですが、彼女はもっとできなかったんです。いつも上司に怒られてて。かわいそうな子ですが、私のことを尊敬してくれて、かわいいんですよ」

 博士は「ああ」と何かを思い出したように、深くうなずいた。「そういえば、昔政府に頼まれて作った発明品があったな」

「博士が政府と仕事をしていたんですか?」

「極秘の依頼があってね。こう見えても僕は天才だからね」

「どんな発明品だったんですか?」

「承認欲求についての発明さ。そもそも承認欲求というのは歴史的にも非常に重要な欲望でね」

「そうなんですか? SNSとかが流行っている今時の話なのかと思ってました」

「そんなことはないよ。たとえ18世紀ドイツの哲学者ヘーゲルも、他者からの承認は人間の根源的なものだと言っている。古代の戦士たちはなんのために戦場へ向かったか。なんのために命を賭けたか。金のためではない。名誉を得て、優越感を感じたいからだ。そのためには、かならず他人の承認が必要になる。それが承認欲求さ」

「そうかもしれませんが、承認欲求って言っちゃうと、ちょっとみっともない気もします……」

「承認欲求が恥ずかしいものだと思う必要はないよ。人間は根源的に、他人に認めてもらいたいんだ。むしろ、経済的に豊かになることよりもずっと重要な欲求さ。ツイッターやインスタ、フェイスブックが、人々の承認欲求を満たすためのツールとして猛威を振るっているのは有名だね。でも、経済的な豊かさなんかと違い、承認欲求には大きな落とし穴がある」

「落とし穴、ですか?」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
古見宇博士の珍奇な発明

小川哲

二十歳で「宇宙の解」を知って生きる気力を失った大天才、古見宇(こみう)博士。そんな彼が絶望の果に見出した謎は「人間関係」でした。まだ誰も光を当てていない種類の「コミュニケーション」に関する発明品を作ることに生きがいを見出し、古見宇発明...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

o3o3 マケドニアさんを組織とか団体に置いたらいじめとか無くなるのかなーとか思ったけど、マケドニアさんそのうち反乱しそうだしマケドニアさんだと思ってたやつが実は人間だったりしそう→ 3年以上前 replyretweetfavorite

stokkydr #承認格差 というパワーワード 3年以上前 replyretweetfavorite

town_b 実際、この手のbotとか将来的にSNS上でできるんじゃないかと結構思っている。 3年以上前 replyretweetfavorite

juni_ca_wa_ii  マケドニアさん……。 3年以上前 replyretweetfavorite