コレクティブハウスの自律的な共同体【第42回】

ジャーナリスト・佐々木俊尚さんの最新刊『そして、暮らしは共同体になる。』の全原稿を火・木の週2回で公開中!第3章のテーマは「街で暮らす」。ゆるやかに外とつながる暮らし方から、これからの共同体の姿が見えてきます。シェアハウスよりも少しゆるやかな「コレクティブハウス」は、どのように運営されているのでしょうか。

コレクティブハウスの自律的な共同体

 山下さんはコレクティブハウス聖蹟に引っ越してくる以前から、シェアハウスに長く住んできました。まだシェアハウスという概念がなく、「ルームシェアリング」と呼ばれていた時代からです。関西から出てきて都心に住んでいたのですが、子どもの学校の都合で多摩エリアに引っ越さなければならなくなり、そこで物件を探していたときに出会ったのが、コレクティブハウスでした。

 コレクティブハウジング社というNPOが、これからつくる聖蹟桜ヶ丘の物件の入居者を募集していて、入居者どうしで「どのようなコレクティブハウスをつくるのか」というワークショップを開いていました。まず歩いて街を知るところからスタートし、そしてどのような建物を求めるのか。コモンスペースはどのようなものにするのか。段ボールで模型をつくり、少しずつ議論を進めます。さらに「箱」だけを決めるのではなく、どうコモンスペースをつかいこなすのかという、その考えかたやしくみを入居者どうしですり合わせていきました。

 コレクティブハウス聖蹟の共有部分のリビングはコルク貼り、廊下は無垢のフローリングです。だから入居者もゲストも、玄関で靴を脱いでスリッパに履き替えるしくみ。これはワークショップで決まった事柄のひとつでした。

 各家庭のドアは鉄のドアではなく、半分すけてみえる磨りガラスのドアになっています。窓はスライドして上下が開くようになっているので、パブリック(公)とプライベート(私)がかなりシームレスにつながっている構造です。これも、ワークショップでの決定でした。

「室内が丸見えというわけじゃないけれど、照明をつけていれば灯りぐらいは見えて気配がわかる。そういう感じがいいよね」と。これはまさに「(しきい)」の発想ですね。

 コレクティブハウス聖蹟にはワンルームから2DKまであり、単身者も暮らしています。入居の際に敷金のような負担金(デポジット)を支払い、これを共有部分でつかう家具やカーテン、食器などの支払いに充てています。引っ越しして出て行くときには、このデポジットは返金されるルールです。

 年齢はさまざまです。幼児もいれば、80歳代の人もいます。単身者も、夫婦もいます。そしてこの多様な人たちが、コレクティブハウスという共同体をともに運営しています。

 ここにはガーデニングや掃除、台所のメンテナンスなどさまざまな管理運営のグループがあり、入居者は全員どこかのグループに参加するルールです。それぞれが責任をもって活動をするのとともに、いま目の前にある課題を確認します。そしてその課題を、月に一度全員が参加して開く定例会で話し合うのです。

 山下さんは話します。

「シェアハウスだと、定例会のようなしくみが確立していません。たとえばみんなが掃除をさぼりだしたりした時に、それをどうするのかと話し合う機会がないままずるずるとなってしまって、だれも掃除をしなくなってしまうということがよく起きていました」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ジャーナリスト・佐々木俊尚が示す、今とこれからを「ゆるゆる」と生きるための羅針盤

そして、暮らしは共同体になる。

佐々木俊尚
アノニマ・スタジオ
2016-11-30

この連載について

初回を読む
そして、暮らしは共同体になる。

佐々木俊尚

ジャーナリスト・佐々木俊尚さんの最新刊『そして、暮らしは共同体になる。』がcakesで連載スタート! ミニマリズム、シェア、健康食志向……今、確実に起こりつつある価値観の変化。この流れはどこへ向かうのでしょうか?深い洞察をゆるやかな口...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

musevanreyback 「持ち家政策と共同歩調をとるようにして育ってきた会社の共同体がもはや消滅する寸前…仮住まいだったはずの賃貸住宅がかわって新しい共同体をつくっていこうとしているのはなんとも逆説的であり興味深い現象…」 2年以上前 replyretweetfavorite

marekingu #スマートニュース 2年以上前 replyretweetfavorite

shangri_la_19_o 「徹底討論・全会一致」という民主的運営を穏健に可視化する6色の意思表示カード。さまざまな場所で使えそう  : 2年以上前 replyretweetfavorite

sasakitoshinao 6色の紙のカードを使って進めるミーティングの方法が非常に興味深いです。広まってほしい。 3年弱前 replyretweetfavorite