晩酌歳時記

第九回・浅蜊

たくさん飲む上にたくさん食べるからスゴイ、二十歳の男の子にそうホメられました。まんざらでもない佐藤和歌子がお届けするショートコラムです。ハマグリやアサリやシジミに、オス・メスがあるって知ってました? 産卵期を迎える今が旬ですよ。

 実家の雛祭りに呼ばれた時のこと。今年三歳になる甥っ子がハマグリの貝殻を手に持って、お吸い物を掬って得意気に飲んでいました。「最近これがお気に入りなの。お行儀悪くてゴメンね」、姉は弁解しつつも叱る気はないようです。いいのいいの、私もこうやって飲むの楽しかったな。そのうち飽きて普通に飲むようになるんだよね。
 なんで模様が違うのか。このびろびろした部分は何なのか。貝殻は何でできているのか。思えば子供の頃、貝はずいぶんミステリアスな食べ物/生き物でした。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
晩酌歳時記

佐藤和歌子

季語と晩酌をテーマにしたショートコラム。月四回更新(毎週木曜、第五はお休み)。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

IAmemiya 「貝類の砂出しってうまくいった試しがありません。……「砂出し済」と書いてあるのを真に受けて、水洗いだけで調理してみたらジャリジャリ……騙された!と思った」←分かります!  5年弱前 replyretweetfavorite