コアラのぬいぐるみを巨大カイトに貼り付けて空に飛ばす

虹色の特大カイトに、紙製の黄色いくちばし、そして凧糸。ぬいぐるみのムッシュが念願の鳥になるために必要なものは、たったのそれだけだった。飛ぶ直前になって怖気づいたムッシュに構わず準備をはじめた星太朗は、カイトにつながっている凧糸を、ぎゅっとムッシュに括りつけ……。
ぬいぐるみと出版社校正男子の切なさMAXの友情物語小説『さよなら、ムッシュ』を特別先行掲載!
イラストは、なんと松本大洋さんの描きおろし!

 それは夢だったはずなのに、いざそのときがくると、ムッシュは自分でも驚くほど怖くなっていた。

 特大のカイトを注文するところまではノリノリだった。けれど自転車のカゴに揺られている間に、不安が徐々に押し寄せてきて、だだっ広い公園の芝生に降ろされたときには、足がぷるぷると震えていた。


 ④鳥になる


「さ、始めようか」

 星太朗はそんなムッシュに気付いているのかいないのか、一メートルを優に超える虹色のカイトを広げ、その真ん中にムッシュを凧糸で縛り付ける。

「大丈夫? こんなんで……」

「大丈夫だって。ムッシュは落ちてもなんともないだろ」

 星太朗は平気な顔で、糸をきつく締め上げた。

「いたたたたた」

 痛いはずがないのに、思わず声が出る。

 こんなこと、もう夢でもなんでもない。夢とは儚いものだというのは、そういう意味でもあったのか。と、無駄なひらめきが頭をよぎる。

「あのさ、せっかくだけど……やっぱ、やめとこうかな……」

 ムッシュは悔しさを押し殺して、弱気な声を出す。

「え、どうして」

 星太朗は意地悪だ。怖じ気づいたことに気付いているくせに、手を止めようとはしない。糸を結び終えると、今度はムッシュの口を黄色い紙で塞ぐ。それは昨日、厚紙で作った特製のクチバシだ。両端の輪ゴムをムッシュの両耳にかけると、虹色の翼を持つ極楽鳥が完成した。

「いや、まぁ、よく考えてみたら、ぼく、コアラだし。コアラが鳥になるって、意味わかんないでしょ」

 正直な気持ちを話そうと思ったけれど、やっぱりプライドが邪魔をする。でも、意味がわからないのは本心だ。なんで鳥になりたいなんて思ったのか、もう、ほんとうにわからない。自分がわからない。わからなすぎる。

「そうかな。でも、もう鳥にしか見えないよ」

 星太朗は意地悪そうに笑うと、カイトを掲げて風を待つ。

「決めた。やっぱやめる。キャンセルします!」

 ムッシュが声を上げたそのとき、大きな風がやってきた。

「遠慮すんなって!」

 風上に向かって、星太朗が走り出す。

「ちょっと!! わぁ、ちょっと!! ちょっと!!」

 その瞬間、大きな翼が浮かび上がる。

 星太朗が手を離したのだ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
さよなら、ムッシュ

片岡翔

あの日。気がついたら、その子は話しはじめていた。コアラのぬいぐるみのはずなのに。 それ以来、彼はそのことを20年間秘密にして、生きてきた――。 気鋭の新人映画監督・片岡翔が初めて小説『さよ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません