ただ伝えるだけでなく、読者を巻き込む「蜂の巣」を作りたい—vol.4

3月発売の新刊『『なぜ僕たちは金融街の人びとを嫌うのか?』書籍ページ』(英治出版)の著者である、世界的に影響力の大きい国際ジャーナリストのヨリス・ライエンダイクさんと、『龍馬伝』『るろうに剣心』シリーズ、現在公開中の『3月のライオン』、そして以前金融を取り上げた作品『ハゲタカ』も手掛けた映画監督の大友啓史さんの対談が実現しました!一緒にゼロから学ぶジャーナリズム、文化人類学的アプローチで対象をリアルに描くなど、誤解されがちな金融街で働く人々の本質に迫る作品を世に送り出した2人の対談を5回にわたってお送りします。

今の時代を捉えるための新しい方法論

大友 ヨリスさんが『なぜ僕たちは金融街の人びとを嫌うのか?』で実践された、インタビューを匿名で行い、ウェブサイトに記事を掲載してプロセスをオープンにしながら取材を進めていく方法は、新しいものだと思います。

ヨリス ありがとうございます。

大友 これは金融業界という光の当たらないテーマに焦点を当てるために、ヨリスさんが意識して確立された方法なんでしょうか。

ヨリス いえ、そうではありません。必要に駆られて生まれたやり方ですね。「何かすごいことをやってやろう」と考えたわけではありませんでした。与えられた状況に対応しようとして生まれた方法だったんです。

大友 どんな状況だったんですか?

ヨリス ガーディアンは、ウェブサイト上に掲載する記事を作成する際に、新しい機能を追加してくれたりと、何か新しいことをしてくれるわけではありませんでした。「今あるもの使って対応してください」という感じで。

大友 そうだったんですね。

ヨリス さらに、私はオランダ人で、ガーディアンからすると英語もあまり流暢ではなく、文章力も優れているわけではありません。それで、この状況で何ができるんだろうと考えた時に「とりあえず、インタビューをやろう」と。

大友 金融業界について調べるために、まず匿名でインタビューを。

ヨリス はい。それでインタビュー内容を2500文字ほどの記事にして、ガーディアンのウェブサイト上に掲載したんです。すると、英語が得意でない私が書き直しているので、インタビュー相手の匿名性がさらに担保されたんですよね。自分の欠点が逆に利点として働くようになりました。

大友 工夫次第で欠点も利点にできるということですよね。それもしっかりと人の話を聞いて言葉を的確にまとめ上げていく技術あってこそですよね。聞き方のコツは何かありますか?

ヨリス 一般的な質問を投げかけつつ、イメージしやすい例を挙げて話してもらうようにしています。例えば、「普段の1日の過ごし方を教えてください」、「今仕事で一番難しいと感じていることを私のような素人にもわかるように説明してください」、「私が金融業界に入ったビギナーだとして、起こしそうなミスってなんですか?」 など。

大友 基本的なことからまず質問していくわけですね。

ヨリス そうです。リサーチャーと呼ばれる人たちは、しっかりリサーチして取材に行くので、専門的な質問しかしなくなってしまうんですよね。

大友 それだと話に広がりは生まれにくいですし、素人にはわかりにくい話になってしまいますよね。

ヨリス そうなんです。リサーチャーは自分の聞きたいことが明確になっているから、その部分を深堀りしていくので、話が広がらない。

大友 すると、どういったことを聞いていくのが良いのでしょうか。

ヨリス バンカーの金融業界に対する”意見”は他の媒体でも記事になっています。だから、私がインタビューする際は彼らがどういった”体験”をしてきたのかを聞くようにしました。

大友 体験にフォーカスを当てるからこそ、等身大のストーリーが聞けるわけですね。(vol.2より)

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

「毎日、法に触れることを目にするよ」 「別にいいんだ。自分のカネじゃないし、ってね」…… "最も影響力のある国際ジャーナリスト"が ロンドンの金融街で働く200人以上にインタビュー。 一面的にしか語られてこなかった金融業界の 人間模様を描いた傑作ノンフィクション!

なぜ僕たちは金融街の人びとを嫌うのか?

ヨリス ライエンダイク
英治出版
2017-03-14

この連載について

初回を読む
ジャーナリズムと物語の境界線を歩く/ヨリス・ライエンダイク×大友啓史

ヨリス・ライエンダイク

3月発売の新刊『なぜ僕たちは金融街の人びとを嫌うのか?』(英治出版)の著者である、を新しく発売した世界的に影響力の大きい国際ジャーナリストのヨリス・ライエンダイクさんと、『ハゲタカ』『3月のライオン』等の作品を手がけた映画監督の大友啓...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

JUNYAmori 取材、撮影、構成、執筆を担当した記事の4本目が掲載されました。 ただ伝えるだけでなく、読者を巻き込む「蜂の巣」を作りたい――vo.4|ヨリス・ライエンダイク @jlbankingblog |ジャーナリズムと物語の境界線を歩く https://t.co/dJLstlVTPE 8ヶ月前 replyretweetfavorite

eijipress 好評対談記事、第4弾。今回はウェブならではの情報発信手法に迫ります。: 8ヶ月前 replyretweetfavorite