たしかに人生はゲームみたいなものだけど、人生を勝ち負けで判断するのは嫌いだね」とぬいぐるみは言った

星太朗のやりたいことの一つは、ババ抜きでぬいぐるみのムッシュに勝つこと。幼いころ、星太朗とムッシュが一緒に遊ぶものといったらババ抜きくらいだったのだが、星太朗は、今まで一度もムッシュに勝ったことがなかった。ムッシュがべらぼうに強いのだ。星太朗は今度こそ勝とうと心に決め、ムッシュに挑む。
ぬいぐるみと出版社校正男子の切なさMAXの友情物語小説『さよなら、ムッシュ』を特別先行掲載!
イラストは、なんと松本大洋さんの描きおろし!

 何年も使っていないのに、トランプはすぐに見つかった。ムッシュが自分のお道具箱に大事にしまっていたからだ。


 ③ババ抜きでムッシュに勝つ


 子どもの頃、二人の遊びといえばトランプだった。

 当時はプレイステーション全盛時代。子どもたちは外で遊ぶことを忘れ、誰もがその圧倒的な映像の虜になっていた。けれど、星太朗はそれを欲しがらなかった。

 ムッシュの手はプレステどころか、ファミコンのコントローラでさえ操作できないからだ。

 だから家での遊びはたいていトランプだった。たまに人生ゲームをやろうよと星太朗が言うと、ムッシュはいつもこんなことを言った。

「たしかに人生はゲームみたいなものだけど、人生を勝ち負けで判断するのは嫌いだね」

 当時は意味がよくわからなかったが、今だとそれがよくわかる。

 ムッシュは生まれたときから、大人のような、でも大人でも言わないようなことを教えてくれた。

 けれどもちろん大人ではないし、その行動は子どもっぽいところだらけ。その一つが、勝ち負けにとても執着することだった。

 トランプのなかでもとりわけババ抜きをよくやったのは、きっとムッシュがべらぼうに強いからだ。べらぼうなんて言葉を星太朗は使ったことがないけれど、初めてその言葉を知ったとき、ふと、ムッシュのババ抜きの強さを思い浮かべていた。

 両手に一枚ずつしかカードを持つことができないムッシュは、トランプを床に広げてペアを探す。その間、星太朗は背中を向けているのが決まりだ。ムッシュがトランプをうつ伏せに並べ、「いいよ」と言ったら星太朗が振り返る。

 そんな、幼い子どものようなやり方なのに、ムッシュはそれはもう、べらぼうに強かった。星太朗はどうやってもムッシュに勝つことができなかった。

 星太朗のカードがババを含めて二枚になると、ムッシュは100%の確率で数字のカードを引き当てた。逆に、ムッシュがババを持っていた場合は、100%の確率で星太朗にババを引かせた。何百回、何千回やっても勝てないので、ムッシュに透視能力があるんじゃないかと疑ったことさえあった。

「そんな能力があったら、ぼくはテレビに出てスターになるね」

 ムッシュはそう言ってぷぷっと笑った。

「いや、今のままでも」

 星太朗はそこまで言いかけて口をつぐんだ。

 ムッシュが調子に乗るからだ。

 それに、みんなのスターにはなってほしくなかった。


 久しぶりに床に並んだカードを見て、星太朗はムッシュが成長していないことを実感する。自分は歳をとるにつれて、カードが小さくなっていった。けれどこの二十年、毛並みはぼさぼさになったものの、ムッシュの体はずっと同じまま。そう考えると、少しだけ愛らしく思えてくる。

 床に十枚並んだカードのうち、右端を選んで引くと、

「はい、おめでとー」

 ムッシュがけけけと笑った。

 早くもババだ。

 それは、予備で入っていた白紙のカードを使って、ムッシュが自分で作ったババで、憎たらしく笑う自画像が描かれている。星太朗はつい数秒前に愛らしいと感じた自分をはたきたくなった。

 ババ抜きは二人でやると、ババさえ引かなければペアができてしまう。おまけに、誰がババを持っているのか? という楽しみも無い。ただでさえ単純なゲームなのに、二人でやると輪をかけてあっさりと、あっという間に終わってしまう。

 すでに星太朗のカードは残り二枚。ムッシュは一枚で、次はムッシュが引く番だ。星太朗は右手にエース、左手にババを持っている。視線はムッシュの方へ。カードは見ないようにする。

 もう昔の僕とは違う。

 星太朗はそう念じながら、呼吸に気をつけて平静を保つ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
さよなら、ムッシュ

片岡翔

あの日。気がついたら、その子は話しはじめていた。コアラのぬいぐるみのはずなのに。 それ以来、彼はそのことを20年間秘密にして、生きてきた――。 気鋭の新人映画監督・片岡翔が初めて小説『さよ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません