第12回】「猫質」のことを少しでも考えたことがありますか?

トリッキーな副題となりましたが、ウソでもいいから(?)より多くの人に『クレムリン』を読んで頂きたいと考え抜いた結果です。今回は「猫質」にされてしまったかわいそうな子猫ちゃんのお話。果たしてご主人さまは助けに来てくれるのか……!?――「もし猫が自分を養ってくれたら?」という全人類の願望を具現化したプロレタリアート猫ちゃん漫画『クレムリン』が、cakesに登場! えりぬきのエピソードを毎週再掲載!!

 

 

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

モーニング

この連載について

初回を読む
クレムリン in cakes

カレー沢薫

大学には一度しか行ったことがない若者・却津山春雄(きゃっつやまはるお、通称・キャッツ)が歩いていると、道ばたにロシアンブルーが捨てられていました。しかしキャッツはつい、一年間見て見ぬフリをしてしまいました。その後拾うことにしたのですが...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

telutelute @yatsune 壁┃・ω・*)つ https://t.co/FUj7QEMjFR こちらで試し読み出来ます… 5年弱前 replyretweetfavorite

nisiro810 非暴力を訴え叶わないとみるや刃物を持ってにじりよる。ガンジーの生まれ変わりとして私もかくありたい。 5年弱前 replyretweetfavorite

_unidon_ 憎しみは憎しみしか生まないが、こいつは戦争だ! 5年弱前 replyretweetfavorite

crox6 憎しみの連鎖を止めるには皆殺ししかない、という話ではない。 5年弱前 replyretweetfavorite