俺の夜~記者が自腹で集めた夜遊び情報~

特別編 俺のサウナ】奇跡の水風呂は静岡にあった!“サウナーの聖地”をお嬢様と巡礼

夜遊びはカネもかかるし、めんどくさい——。そんな昨今の風潮を嘆き、日本の夜を元気にするため、SPA!編集部の精鋭記者たちが立ち上がった!

 いきなりですが、ととのいました。「極上のサウナ」とかけて「心霊写真」と解きます。その心は「どちらも、みず(水・見ず)がいいでしょう」。ナカソネっちです。


 ととのう=「サウナで昇天」という専門用語も浸透しつつあるほどサウナブームな昨今。半端ななぞかけでお先にととのってしまいましたが、サウナで最重要視されるのは水風呂。至高の水風呂を擁するサウナこそ極上のサウナになりえるのです。しかし、至高の水風呂とは水温だけにあらず。静岡県にたたずむ“サウナーの聖地”といわれる「しきじ」には、極上の水質を誇る“天然水の水風呂”があるんです。しかもガチで偶然なのですが、「しきじ」の娘さんとは東京で以前から知り合いだったことが判明。職業はモデル&起業家で超絶美人。そんな美紀恵お嬢様に「君の実家に一緒に行こう!」とプロポーズとも取れる熱い口説き文句で説得し、新幹線で静岡へ。車中、数年ぶりに会った美紀恵嬢と旧交を温めます。

元ミスインターナショナル・プロデューサーという肩書を持つ美紀恵嬢。「美の推進」を生業とし、毎月しきじに帰省する女性サウナー

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

SPA!

この連載について

初回を読む
俺の夜~記者が自腹で集めた夜遊び情報~

風俗(かぜ)を読む取材班 /SPA!編集部

夜遊びはカネもかかるし、めんどくさいーー。そんな昨今の風潮を嘆き、日本の夜を元気にするため、SPA!編集部の精鋭記者たちが立ち上がった!(毎週水曜日更新)

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード