ユナイテッド航空引きずり下ろし事件、5つの問題点とトラブルに先制攻撃する方法

ユナイテッド航空の乗客が、暴力をふるわれ強制的に引きずり降ろされる事件の動画が、世間を震撼させました。いくつかの問題が絡み合っているこの事件を、アメリカ在住の作家・渡辺由佳里さんが考えます。

最悪の事件のいきさつと顛末

4月13日、ソーシャルメディアを通じてユナイテッド航空便での衝撃的な映像があっという間に全世界に広まった。
警官が、気を失っているようなアジア系の男性を通路で引きずっている。メガネがはずれかけている男性の顔からは血が流れていて、いきさつを見ていた女性客の“Oh my God! No. No. What’re you doing? This is wrong.(オーマイゴッド、やめて、やめて。なんてことしているの! あなたたちがやっているのは、まちがったことよ)”という抗議の声も聞こえる。


これは、シカゴからケンタッキーのルイビルに向かうユナイテッド航空便での出来事だった。血を流していた男性は、ベトナムから移住したケンタッキー在住のディヴィッド・ダオ医師だった。

当初、ユナイテッド航空はいきさつを次のように説明した。
オーバーブッキングで4つの席が必要になり、800ドルのバウチャーと交換に席を明け渡すボランティアを募集したが、誰も申し出てこなかった。 そこで乗客の中から4人をランダムに選び、3人は即座に応じた。だが、ダオ医師だけが「翌日患者を診なければならない」と降りるのを拒否した。
ユナイテッドのCEOが従業員に送った説明には、ダオ医師が「disruptive(破壊的で乱暴な行動)」で 「belligerent(好戦的)」と書かれている。そこで、ユナイテッド航空はやむなくシカゴ空港警察を呼んで強制的に飛行機から降ろした、という内容だった。

フライトを予約していても現れない客がいるのを見越して、航空会社は座席数以上のチケットを売る「オーバーブッキング」を敢えてする。オーバーブッキングで席が足りなくなったときに、ボランティアを募集し、それで現れないときにはランダムに客を選んで搭乗拒否をするのも合法的な措置である。
だが、後にわかったのは、この4席がオーバーブッキングではなく、翌朝勤務するユナイテッド航空の乗務員を乗せるためだったということだ。

後に出てきたビデオでは、ダオ医師は電話で弁護士からアドバイスを受けながら、「患者を診なければならないので、降りない」と警官に伝え、「私はここから動かない」、「降ろされるくらいなら、牢屋に行く」とも言っている。面倒な乗客には違いないが、「破壊的で好戦的な行動」とは言えない。
また、目撃した乗客は、警官のダオ医師への暴力的な行動が「まるで、人間以下の扱い」だったと語っている。

ダオ医師が雇用した弁護士によると、彼は脳震盪、鼻の骨折、歯を2本失う怪我をし、ユナイテッド航空を訴訟する準備をしているとのことだ。

最悪の事件の5つの問題

この事件には、いくつかの複雑な問題が絡んでいる。そこで、混乱を避けるために、問題を5つの観点に分けて考えてみよう。

①ユナイテッド航空にはチケット代を払った客を強制的に下ろす権利があるのか?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
アメリカはいつも夢見ている

渡辺由佳里

「アメリカンドリーム」という言葉、最近聞かなくなったと感じる人も多いのではないでしょうか。本連載では、アメリカ在住で幅広い分野で活動されている渡辺由佳里さんが、そんなアメリカンドリームが現在どんなかたちで実現しているのか、を始めとした...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

dekaino アメリカの国内線はサービスは安かろう悪かろう。公共交通機関の割には規制が甘い。これが資本主義が勝ち取った成果ですよね。 3日前 replyretweetfavorite

jecht_shoot これはいいね。日本人だからこそ笑顔の先制攻撃しましょう 3日前 replyretweetfavorite

AozoraMakoto なるほどね。 3日前 replyretweetfavorite

inucococo 「差別だという証拠はない」と反論する人はいるだろうが、この反応は、差別を実際に体験した者でなければ想像できないと思う。 4日前 replyretweetfavorite