教師と生徒がリアルで会える場所

2016年4月、KADOKAWA・ドワンゴグループがインターネットを活用した新しい通信制高校「N高」を開設しました。今年の4月時点での生徒数は約3,800人。一体、N高ではどんな授業がおこなわれ、どんな学校生活が待っているのでしょうか? N高の秘密を解き明かした『ネットの高校、はじめました』の第1章を、特別掲載いたします。

教師と生徒がリアルで会える場所

こうしてネット上で仲良くなったら、実際に会ってみたくなる。その気持ちに応える場も、N高では用意している。その一つがスクーリングだ。沖縄の本校でのプレミアムスクーリングは、4泊5日でおこなわれる。2日目まではテストや実技の授業を、朝9時から夜の8時までみっちりこなす。参加した生徒からは「映像授業もいいけど、先生のキャラクターがおもしろかったり、途中で話が脱線したりするのも楽しいなと思いました」という感想もあり、対面授業の良さを実感する機会にもなっている。

3日目からは、特別活動として農業体験や伝統芸能の鑑賞などもおこなう。特に太鼓を叩きながら踊る沖縄の伝統舞踊「エイサー」は圧巻で、私が取材したときも生徒たちは「すっごい普通にいい曲で泣きそうになった!」「ちっちゃい子(子ども)が踊ってるの、かわいい!」と大興奮だった。ちなみに、こうした「特別活動」を規定時間おこなうことも、通信制高校卒業条件の一つである。


海人(うみんちゅ)の伝統文化である爬竜(ハーリー)体験

スクーリングは沖縄本校だけでなく、沖縄まで来られない人のために全国11ヶ所でおこなっている。これまでSlackでやりとりしていた友達に、初めて会って意気投合するという光景がそこかしこで見られるという。

スクーリング以外にも、実際に会って交流する場が設けられている。2016年8月16日から29日にかけては、4人のN高生がスタンフォード大学サマープログラムに参加した。日本からは、共同開催校の灘高等学校から4人、慶應義塾湘南藤沢高等部から2人の、計10名が参加した。このプログラムでは、2週間大学の寮に泊まり、英語での疑似裁判、自国文化の紹介、UCバークレーの見学、創作文ワークショップ、医学部での手術シミュレーションなど盛りだくさんのプログラムをこなす。

基本的にすべてのアクティビティは英語でおこなうため相応の英語力が必要だが、N高生であれば世界のトップレベルの高校から生徒が集まるこのプログラムに応募できるのだ。海外の大学への進学を視野に入れている生徒にとって、願ってもない機会だろう。

またN高生は、「文化祭」と位置づけられる「ニコニコ超会議」やゲームファンとゲーム大会の祭典「闘会議」など、ドワンゴが主催するイベントに優先的に参加することができる。「超会議」の地方版、「町会議」では、地元の友達を探すことも可能だ。滋賀県、大分県、徳島県、宮城県、岡山県など、2016年にそれぞれの県で開催された町会議では、必ずN高生が参加していた。特に、大阪で開催した町会議には40人の生徒が参加し、イラストを学んでいる生徒が来場者の似顔絵を描くブースなどを設置した。


ニコニコ超会議では、N高のバンドメンバーがステージ出演を果たした。

地方においては、地方自治体と「Nセンター」という教育拠点をつくる活動も進めている。高校のない地域の高校生にも、より良い教育機会を提供することを目指したもので、N予備校アプリで見られる双方向授業の配信や、専任チューターによる自学自習のサポートをおこなう。施設は、各地方自治体にある空き施設を有効活用する。第一号のNセンターは、鹿児島県長島町に開設。今後は、群馬県南なん牧もく村や、佐賀県武雄市などにNセンターを開設する予定だ。

Slackやネット遠足、部活を通じて仲良くなった友達同士が、スクーリングやイベントなどリアルな場所で交流し、また離れてもネット上でやりとりを続ける。そうした循環をつくりたいと秋葉さんは話す。さまざまな環境の生徒に、「N高に行ったら友達ができた」と言ってもらえるような学校を目指しているという。

リアルもネットも、両方コミュニケーションできる場所をつくるのが大事だと、川上会長は言う。「生徒が学校に行く理由というのは、やっぱり友達なんです。将来のためになる、ということも大事だけれど、友達がいなければ毎日楽しく過ごせない。ネットの学校として友達をつくる仕組みをしっかり用意することが必要だと、最初から考えていました」(川上会長)

N高は一種の社会実験
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
ネットの高校、はじめました。—新設通信制「N高」の教育革命

崎谷実穂

2016年4月、KADOKAWA・ドワンゴグループがインターネットを活用した新しい通信制高校「N高」を開設しました。2年目となる今年度の新入生は2002人。新設の通信制高校としては異例のスピードで生徒数が増えています。 なぜ出版社...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

consaba 崎谷実穂  #life954 #radiko #tbsradio 約1年前 replyretweetfavorite

RieDorji 革新的でとても面白い試み!こういった学校が増えて学校の選択枠が広がれば良いね。RT 3年弱前 replyretweetfavorite

marekingu #スマートニュース 3年弱前 replyretweetfavorite

OsamubinLaden 「N高は一種の社会実験」実験台にされる方はたまったもんじゃないな  3年弱前 replyretweetfavorite