アプリでN高の生授業を受講してみた

2016年4月、KADOKAWA・ドワンゴグループがインターネットを活用した新しい通信制高校「N高」を開設しました。今年の4月時点での生徒数は約3,800人。一体、N高ではどんな授業がおこなわれ、どんな学校生活が待っているのでしょうか? N高の秘密を解き明かした『ネットの高校、はじめました』の第1章を、特別掲載いたします。

N高はどんな授業をしているのか?

では、N高の授業を詳しく見ていこう。単位を取得するための通常授業は、PCやスマートフォンで映像学習をおこなう。教材は、教科書業界の大手・東京書籍が制作したインターネット講座だ。自分の好きな時間に視聴し、確認テストを受け、その内容をもとに問題形式のレポートを提出する。受講も提出もネットで完結するので、登校する必要はない。

レポートの提出期限は毎月25日に設定されていて、取材をさせてもらったN高生および保護者からも、月末はレポートに追われているという声が聞かれた。自宅学習の場合は特に勉強時間が決められているわけではないが、この締め切りがあるから強制力が働いているのだろう。

授業の受講やレポート提出の進捗は、専用サイトのマイページで確認ができる。またN高は生徒一人ひとりに担任教員がつくため、レポートが提出されていない場合は担任からフォローが入る。レポートが無事提出された際にも、本人と保護者に電話やSNSで連絡が入るのだ。ここまでされれば、勉強せざるを得ない。

実際、N高のレポート提出率は92・6%にのぼっており、これは通信制高校としては数値が高いといえる。ただ、プロのベーシストとして活躍しているN高第1期生のとある生徒は、それでもレポート提出が滞ってしまうとのことだった。社会人として仕事と勉学を両立している場合は、時間をとるのがやはり難しいのかもしれない。こうした特徴ある生徒が集まっているのもN高のおもしろさであるが、そうした生徒の紹介は第2章でおこなう。

と、ここまでの単位修得のための授業は、正直に言って工夫のしどころがないのだそうだ。学習指導要領で学年ごとの学習単元、目標、どういう内容を扱うかなどは細かく決められており、高校卒業資格のとれる学校として認可を受けるには「映像授業は早送りしないで観るようになっているか」などの指導が入る。N高のそもそもの発案者の志倉千代丸さんは当初、自社のリソースを活いかし、アニメーションをふんだんに取り入れ、有名声優を使った「いい声」の授業映像を制作するといったことを考えていたという。しかしそれらのアイデアは、学習指導要領の壁の前に実現が不可能だということがわかった。

通常授業がダメでも、課外授業ならいいのでは?ということで、「ネットの高校」、そしてIT&コンテンツ企業のカドカワとしての本領は、課外授業によって発揮されることとなった。

まずは、「大学受験対策授業」。オリジナル教材には、KADOKAWAグループである、学習参考書の出版社として約30年の歴史を持つ中経出版のノウハウが詰め込まれている。そしてすごいのは講師陣だ。自分の名前で参考書を出している一流講師を、教科ごとにN高の授業のために引き抜いてきたというのだ。


N高の生授業の配信風景

さらに、これら講師の授業を視聴できるアプリ「N予備校」をドワンゴで独自開発している。このアプリが画期的であり、まさに「ニコニコ生放送」と教育の融合が実現されていて、実際に使ってみると感動ものであった。

ここで改めて「ニコニコ生放送」および「ニコニコ動画」について説明すると、これらはドワンゴが提供している動画サービスだ。2016年12月末時点で、会員登録者数が約6210万人、有料会員が約252万人と日本最大級の規模を誇る。画面上にユーザーが入力したコメントを流すことができるのが特徴で、アニメやゲームと親和性が高く、初音ミクをはじめとするボーカロイド楽曲の発表の場となるなど、独自の文化を築いてきた。そこでユーザーを楽しませてきた機能が、N予備校アプリに存分に活かされているのだ。

アプリでN高の生授業を受講してみた

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
ネットの高校、はじめました。—新設通信制「N高」の教育革命

崎谷実穂

2016年4月、KADOKAWA・ドワンゴグループがインターネットを活用した新しい通信制高校「N高」を開設しました。2年目となる今年度の新入生は2002人。新設の通信制高校としては異例のスピードで生徒数が増えています。 なぜ出版社...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

no__a__na N高の授業が、わかりやすく説明されてます。 パンフやHPではわからないことが沢山(^-^)見たら入学したくなると思う。 https://t.co/DsXurCGpCh 2年以上前 replyretweetfavorite

Sinnichio あるべき姿だと思うんだよなあ。 一流講師の面白い授業だったら、誰でも受けてみたいと思うんじゃないかな。 2年以上前 replyretweetfavorite

Singulith 面白い。きちんと検証してみたい。  >|ネットの高校、はじめました。ーー新設通信制「N高」の教育革命|崎谷実穂   https://t.co/R30HqhFlk7 2年以上前 replyretweetfavorite