ネットで本当の友達はできる?

「ネットの高校」をうたうN高では、ネットで授業が受けられ、ネットで友達ができる環境がつくられている......とはいうものの、実際にどういう勉強をしていて、どのように友達ができるのでしょうか? N高の実態を生徒や保護者、先生への取材から探った『ネットの高校、はじめました』の第2章を、特別掲載いたします。

どんな人がN高に合っている?

「どんな人がN高に合っているのか」と聞くと、多かった答えが「目的意識のある人」だった。とある女子学生は、「N高で夢を見つけるんじゃなくて、もともと夢を持っている人が入学して、それをかなえる礎をN高にいるあいだに築くのがいいんじゃないかなと思います」と答えた。

出川くんの父親は、N高進学を考えている子や、これから転校してくる子の保護者に、「N高ってどうですか?」と聞かれることがたまにあるという。そういうときは、「やりたいことがあって、自分でそれを追求していける子なら、いいと思いますよ」と答えるようにしているという。クラス全員で授業を受けるのとは違い、レポートの提出は自分でスケジュールを管理しなければいけない。人と同じことをするのに慣れている子であれば、全日制学校のカリキュラムに従って勉強したほうが楽なのだ。「お子さんとよく相談して、モチベーションの拠り所を確認してから決めたほうがいいと思います」(出川くん父)

担任教師の一人は、「普通の全日制高校よりも、表現力のある子が多い」と語る。普通の高校で学生に「なぜうちの学校に来たの?」と聞くと、「えー、校則厳しくないから」「家に近いから」という答えがよく返ってきていた。一方、N高の子に聞くと、「絵を描くのが好きで、それをやりたいから」「アニメが好きで、将来アニメの仕事に就きたいから」など、「自分の好きなものはこれ」「やりたいことはこれ」と目を輝かせて話してくれる子が多い。保護者もそれに理解を示し、やりたいことを優先したほうがいいと考える家庭だからN高を選ぶのだろう。


N高には「やってみたい仕事」につながる授業が数多く用意されている。

それはもしかすると、現状のスタンダードな考え方ではないかもしれない。

「協調性を身につけさせたい」「進学校に入れたい」と考える保護者のほうが多数派だと考えられる。ただ、その「協調性」や「学歴」が今後の社会で必須になるのかは、今のところわからない。出川くんに、「正直に言って、偏差値とか知名度が高い、いわゆる進学校に入っておけばよかったと思うことはある?」と聞くと、即座に「あんまりないです」という答えが返ってきた。「進学校に入って、いい大学に行ったところで、やりたい仕事に就けるかどうかわからないじゃないですか。プラス1くらいのアドバンテージを得るために入るなら、学歴以外のところを伸ばして大きな武器にしておいたほうが、選ばれる可能性は広がると思うんです」。

たしかに、英語ができて、プログラミングができれば、有名国立大を出たというだけの人よりも活躍の場は広いだろう。彼の場合はさらに、音楽という武器もある。こうした、明確な「やりたいこと」がある人にとっては、N高は最適な進学先になる。

ネットで本当の友達はできる?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
ネットの高校、はじめました。—新設通信制「N高」の教育革命

崎谷実穂

2016年4月、KADOKAWA・ドワンゴグループがインターネットを活用した新しい通信制高校「N高」を開設しました。2年目となる今年度の新入生は2002人。新設の通信制高校としては異例のスピードで生徒数が増えています。 なぜ出版社...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

msk3345 {コラム} 約3年前 replyretweetfavorite

yaiask Slackでのやりとりから、北海道に親友ができた元不登校の女の子の物語。この話、いろいろ取材したなかでも特に好きです 約3年前 replyretweetfavorite