汗を制するものは体臭を制す!夏に向けた汗・体臭ケア

人の印象は見た目が50%以上。ビジネスの現場において、身だしなみに気を使っている人とそうでない人では、最大2700万円もの生涯年収の差が出るというデータもあります。実はかなり重要なビジネスにおける「見た目」について、メンズ美容家 山川アンクさんが、相手によい印象を持ってもらえて、明日からでもすぐできる、身だしなみの基本を書いた「収入2700万円の差がつく身だしなみ」の内容を、特別掲載いたします。

汗かきのタイプ別、デオドラント製品の選び方

 日頃から制汗スプレーなどのデオドラント製品をお使いですか。かいた汗を放置するのは、食事の後に歯磨きをしないのと同じことですから、ぜひケアを習慣づけていきましょう。

 まず知識として知っておきたいのは、汗を出す元となる汗腺のこと。2種類ある汗腺のうち、ほぼ全身に分布する「エクリン腺」は体温を調節する役割があり、その成分のほとんどが水である汗を分泌させます。

 汗ばんだ手を嗅いだら臭かった、ということはまずありませんよね。なぜなら手の汗はエクリン腺から出るからです。わずかに塩分やアンモニアが含まれる程度で、ほとんど臭いません。

 一方、耳やワキの下、性器のあたりに分布する「アポクリン腺」から出る汗は臭います。タンパク質や糖質、脂質にアンモニア、鉄分などが多く含まれて、強めのニオイを発します。むしろ動物としての進化の過程において、ニオイを発するために発達したと考えられています。このようにエクリン腺の汗はかいた直後に拭き取ればよいのですが、アポクリン腺の汗はあらかじめ対策が必要です。アポクリン腺がどこにあるかを念頭に置いて、汗の対策をしていきましょう。

 さて、世の中にはたくさんのデオドラント製品がありますが、きちんと自分の汗かき体質を見極めて、体に合ったものを使う必要があります。そうでないと効果が見られないどころか、かえって逆効果になるものもあります。

 そこで、ご自身の体質を判断できる簡単な方法をお教えしましょう。

 今から綿棒や指で、軽く耳垢を取ってみてください。その耳垢、どんな状態ですか。取れた耳垢によって体質が「かさかさ」「しっとり」「キャラメル状」の3タイプに分類できます。耳垢が乾いているのが「かさかさ」タイプ、やや湿っているのが「しっとり」タイプ、色も粘度もキャラメルっぽいのが「キャラメル状」タイプです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

初期投資3万円で誰でも変われる「見た目」改造計画。 スーツ選びから、デオドラント(消臭)、頭皮ケア、肌の整え方、 ヒゲ剃り(シェービング)などなど、知っているようで知らない「ビジネススキル」の決定版!

この連載について

初回を読む
収入2700万円の差がつく身だしなみ

山川アンク

人の印象は見た目が50%以上。ビジネスの現場において、身だしなみに気を使ってる人とそうでない人では、最大2700万円もの生涯年収の差が出るというデータもあります。実はかなり重要なビジネスにおける「見た目」について、メンズ美容家 山川ア...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

0501Can @Ankh_beautyさんから @cakes_PR 3年弱前 replyretweetfavorite