分人」化時代に表現者はどうあるべきか—平野啓一郎インタビュー後編

作家・平野啓一郎さんインタビューの後編です。前編では平野さんが生み出した概念「分人」から、最新作『空白を満たしなさい』(講談社)を解説していただきました。後編は、インターネットによって分人化がすすむ現代において、これからの小説は、表現はどうなるのかについてうかがいます。ものづくりをする人、必読のインタビューです。

ゴッホはなぜ自殺したのか

加藤 『空白を満たしなさい』では、ゴッホの話がとても興味深いなと思いました。自殺対策NPOの人が、いろんなゴッホの自画像を並べる場面です。


2011年になって新たな事実が判明したゴッホの絵

平野 ゴッホの自画像ってたくさん残っているんですよ。有名な「耳を削ぎ落したゴッホ」以外にも、いろいろな自画像があります。自殺をしたゴッホは、つまり自分自身を消してしまったゴッホなわけですが、それがどのゴッホなのかというのが、この本の重要なモチーフなんです。

加藤 平野さんご自身は、自殺についてどう思われていますか?

平野 この本のために準備をしていたときに、自殺対策NPOの方に話を聞いていました。人がいろんなことに追い詰められて自殺する時は、思い悩んで視野狭窄に陥ってしまい、自殺しかないと思うからだと言うんですね。そうじゃないんだっていう選択肢を増やすための活動をしていると。僕はその考え方に近いです。

加藤 分人というのは、まさしくその選択肢を増やす考え方ですよね。

平野 そうなんです。分人で、少しでも気持ちが楽になって欲しい。
 難しいのは、価値観として自殺について考えた時ですよね。一概に悪いと言い切れない部分もある。悪いというと、死んだ人も辛いし、遺族もきっと辛い。最後の最後まで悪だというのは酷だと思うんです。悪いというのは、実際は防止目的でしょう? だったら、他に方法はあります。そのことを伝えるのが僕の役割だとも思っています。作品によって、人が生きていく可能性を広げていく方法を考えることが、僕が文学をやっている意味だと思っています。

分人化時代の小説の変化

加藤 それにしても、分人という概念はインターネットで可視化されたり、SNSで個別につながれるようになって、より明確というか、身近になってきている気がします。

平野 はい。これからさらに進むと思います。

加藤 そうなると、創作活動のありかたも変わってくるのでしょうか?

平野 結局、人が人に伝えたいことは、自分と相手との分人関係の中でしか伝わらないってことだと思うんです。

加藤 はい。

平野 分人同士のコミュニケーションは、お互いに共有したイメージがないと理解できない。たとえば、マスメディアに対しても、感覚が人によって変わってきますよね。

加藤 たしかに、以前ほどの権威がなくなってきていますよね。

平野 今まではみんなが対マスメディアとの分人というのを持っていました。だけど、今はネットが進化して、SNSなどで自分の周囲に特化した分人が大きくなってしまった。その分、マスメディアとの分人はどうしても小さくなってしまうから、そこから大上段に語っても自分に関係のあることだと感じてもらえないのかもしれない。

加藤 なるほど。大きなメッセージが共有しにくくなっているのを感じます。

平野 例えば、小説でいうと最近の読者は長い状況描写を嫌がるんですね。話をどんどん進めてほしいという欲求もあると思うんですが、一方、リアルな生活環境からの情報のピックアップの数が減っているんじゃないかとも思うんです。

加藤 どういうことですか?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
心の空白を満たす「分人」という薬

平野啓一郎

芥川賞作家・平野啓一郎さんに、話題作『空白を満たしなさい』(講談社)についてお話をうかがいました。平野さんが子供のころから思い悩む中で生み出した概念「分人」は、身近な人間関係の悩みから、インターネット時代のビジネスにおいても、解決の大...もっと読む

関連記事

関連キーワード

コメント

sayaka0108 「空白を満たしなさい」を欽ちゃん目線で読んでみたい。https://t.co/6pJNAxfMUo 3年以上前 replyretweetfavorite

sayanu メディア(場所とかデバイス)に対する態度が変化しているという話がここにも。/ 4年弱前 replyretweetfavorite

tommynovember7 自分へのレメディとして執筆を捉えている感覚、大義名分の嘘臭さがなくていいな。 4年以上前 replyretweetfavorite

sadaaki 平野啓一郎さん @hiranok のインタビューの後半も公開です。ネット時代の表現についてうかがっています。 4年以上前 replyretweetfavorite