臭いかな?と思ったらシェアしてください

社会人の嗜みとして気にする人が多いのが「臭い」。特に、林伸次さんのような飲食業に携わる人たちは、とても意識されているようです。とはいえなかなか自分の臭いには気が付きづらいもの。人に指摘するのもはばかられてしまう、なかなかに厄介な問題です。今回はそんな臭いの対処法、よろしければぜひ実践してみてください。担当編集者からのお願いです。

いつからみんな臭いを気にするようになったのか?

いらっしゃいませ。
bar bossaへようこそ。

いつ頃から臭い人って嫌われるようになったんでしょうね。例えば、江戸時代にも昭和の時代にも「口が臭い人」って今よりもっともっとたくさんいたと思うんです。でも、当時はそんなには気にしなかったんだと思いませんか?

やっぱり近年の清潔志向もあるとは思うのですが、「加齢臭」や「部屋干し臭」って名前がつくことによって、初めて意識されることってあると思います。以前にもあったはずなんだけど、名前がつくことによって改めて「嫌われ者」として再認識されるという感じでしょうか。

でもまあ、とにかく現代は「臭い」が嫌われますよね。僕はサービス業をやっているので、そのことだけはとにかく一番気を使っています。例えば僕、47才なのですが加齢臭があるんです。加齢臭、ご存じですよね。おじいさんからポマードのような甘い匂いがしますよね。あれ、昔は加齢臭なんて言葉はなかったし、たぶん嫌われるほどのことはなかったと思うんです。

その加齢臭は、耳の後ろあたりから発生するそうです。僕は営業前に石鹸で洗って、熱々のタオルでこの箇所を拭き取ることにしています。あるいは口臭。これ、タバコとかコーヒーとかニンニクとかネギとかを口に入れると、その後、臭いますよね。火が通ってないニンニクやネギの臭いは、歯磨きくらいでは簡単にはとれません。たまにランチで、サラリーマン風の人がラーメンにすごくニンニクを足してたり、蕎麦のネギを完食していたり、キムチを食べてたりすると、「え? あなた、この後ずっと誰とも喋らないんですか?」と心配になります。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

林伸次さんの新刊が発売中です!

ケイクス

この連載について

初回を読む
ワイングラスのむこう側

林伸次

東京・渋谷で16年、カウンターの向こうからバーに集う人たちの姿を見つめてきた、ワインバー「bar bossa(バールボッサ)」の店主・林伸次さん。バーを舞台に交差する人間模様。バーだから漏らしてしまう本音。ずっとカウンターに立ち続けて...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

moe_sugano 口臭は100年の恋も冷めますね、、、> 約2年前 replyretweetfavorite

fluflv cakes更新しました。/ 約2年前 replyretweetfavorite

bar_bossa 今日のcakesのこの記事 https://t.co/BUW1NEwW24 いけるはずなのに、やっぱり「いや、自分自身も実は臭いのかも」って気になってシェアできないのかなあ、それともやっぱり「臭い」って話題自体がNGなのかなあと悩み中。というわけで今日もお店で待ってます♪ 約2年前 replyretweetfavorite

die_kuma 俺は臭くない。絶対、きっと、たぶん……。 約2年前 replyretweetfavorite