錬金

生まれ故郷、福岡県八女市に立つ

オッサンこと堀井健史が改ざんした歴史を、元に戻すために俺は永遠の時間旅行に出る。愛する由里子とも二度と会うことはないだろう。身支度を整えた俺が向かった先は福岡県八女市。オッサンが生まれ育った故郷だ。ここからすべてははじまった。そのすべてをここで終わらせるのだ。
ホリエモンが贈る、感動のタイムスリップ青春小説!話題沸騰の書籍『錬金』を特別掲載いたします。

第7章 自由

福岡県八女市にて

 由里子は、俺の話を聞き入れてくれた。

 彼女がどれぐらい納得してくれたのか、どこまで俺を許してくれたのか、わからない。

 けれど、黙って俺を送り出してくれることに、同意した。

 彼女には、詫びる思いしかない。

 この世界で一緒に暮らしたい。本心を聞いたうえで、俺は選択を変えなかった。ある意味で、俺も彼女を振り回したバカ野郎だ。

 由里子と別れる。それは時間旅行に出ると決めた俺が、一生心に背負っていく、唯一の後悔だ。


 由里子が持って来てくれた、折り紙のハトには、しっかりと俺の筆跡で、ソースコードが書かれていた。

 俺は再び自分のスマホに、タイムスリップ装置を取り戻した。

 身支度を整えてから、向かった先は福岡県の八女市。

 オッサンが生まれ育った故郷だ。


 博多駅からJRを乗り継ぎ、久留米駅に着いた。

 ステンドグラス風のお洒落なデザインの駅舎に目を引かれる。構内では地元出身のスター、チェッカーズの懐かしい歌が流れていた。

 駅からタクシーで40分ほど吉田方面へ移動した。福島高校前のバス停のすぐ近くに、岩戸山古墳がある。ヤマト王権時代の豪族、筑紫君磐井が埋葬されている、北部九州最大の前方後円墳だ。

 併設されている歴史文化交流館から、前方後円墳に行ける。立ち入りは自由だ。

 墳の上部には広大な森が広がっている。

 盛り土状の通路を抜けていくと、古墳別区があった。

 柔らかい芝で覆われた、平坦な正方形の台地だ。古代の司祭たちが民衆を集めて、祭事などの儀式を行った場所だという。

 森と反対側のあたりの位置に、古墳に埋葬された石人たちの模造像が並んでいる。九州の特殊な凝灰岩で作られたといわれる石人は、本土の古墳の埴輪像などとはデザインがだいぶ違う。大陸文化の影響を受けていて、日本人の繊細さとは別の、力強いダイナミックな造形だ。

 古墳の森から、気持ちのいい濃密な緑の匂いの風が吹いてくる。

 ブンブン飛んでくる巨大なスズメバチに注意しながら、俺は別区の真ん中に立った。

 空を見あげた。

 よく晴れていた。静かだった。

「堀井はどんな思いで、石人たちを見ていたのかな」

 岩戸山古墳は、堀井が小学生の頃に、よく友だちと遊びに来ていたと言っていた。竹とんぼやケイドロ、陣地取り合戦で、この芝の上を駆け回ったという。

 少年時代の堀井は「悩み事があったときも、散歩に来ました」と語った。

 父親への恨みに耐えきれないときや、高校卒業後の進路、ビジネスのプラン……さまざまな思考を練ったに違いない。オッサンの人生の地図が描かれた、原点となる場所だ。

 俺は時間旅行の出発地点を、ここに決めた。

 オッサンは俺を連れ戻すために、タイムスリップを使って追っ手をさしむけるかもしれない。だが、岩戸山古墳から時間旅行に飛んでいけば、タイムスリップのメカニズムそのものを、消せるのじゃないかと思った。

 タイムスリップの開発者が過去に行けない理路があるなら、開発者の生まれた地点から歴史を消すことで、タイムスリップの律がすべて消える理路も成り立つと、俺は考えたのだ。

 うまくいくかどうかはわからない。

 けれど、やるしかなかった。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

PCで世界を変えたカリスマたちの痛快な、失敗と成功。実話に基づく、感動の青春小説!

錬金 (文芸書)

堀江貴文
徳間書店
2017-02-21

この連載について

初回を読む
錬金

堀江貴文

PC市場で世界の頂点に君臨しつつあった日本は、あと一歩のところでなぜアメリカに後れを取ったのか? IT革命前夜、世界を変えた常識破りのカリスマたちの痛快な、失敗と成功――。その全真相をノベライズ。 「心が自由になれば、金も権力も...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません