文具好きが読むべき 本× 1 2 冊

大変、文房具が無かったら本が書けない! 今日から本を読むときは文房具に感謝しましょう。

『オラクル・ナイト』
ポール・オースター、柴田元幸(訳)/新潮社
病み上がりの作家は青いノートを購入し、再び小説を
書き始める。しかし、ノートに書いた小説は、現実の世
界と不思議にシンクロし始める。まさに言霊。言葉を書
くということは未来を書くことなのか?

『イロブン 色物文具マニアックス』
きだてたく/ロコモーションパブリッシング
「イロブン」とは、珍妙奇態な色物文具のこと。鼻の穴
で削る鼻の形の鉛筆削り、美白の女王 故・鈴木その
子のフィギュアの付いた修正ペン、F14戦闘機と思い
きやハサミなど、笑いのネタになる文房具が大集合。

『4 本のヘミングウェイ』
古山浩一(編)/グリーンアロー出版社
明治時代から日本の万年筆作りを支えた職人の記録。
たとえばビリヤードの玉を磨く象牙挽き職人の高度な
技術はペン軸作りに活かされた。万年筆にひそむ技を
後世に残すために愛好家が自腹で出版した一冊。

『文房具56話』
串田孫一/ちくま文庫
子供の頃の文房具の思い出を綴る。モノがない時代
だったので、色鉛筆は淡く色をつけるように大人たち
に言われた。濃い色に塗ると鉛筆がすぐに短くなってし
まうから。そーっとぬり絵をぬっていた哲学者。

『文具百話』
外山滋比古/芸術新聞社
大正生まれの著者によると、昔銀行ではボールペンを
使わなかった。当時のインキはかすれたから。カーボン
用紙に向いているので証券会社が先にボールペンを
使ったそうだ。著者は文具の日11月3日生まれ。

『三千枚の金貨』(上・下)
宮本輝/光文社
高品質の文具作りがモットーの文房具メーカーマミヤ
で働く働き盛りの40代三人組、「マミヤ三銃士」がバ
ーのママとチームを組んで宝探しを始める。アラフォー
サラリーマンだってまだまだ冒険できる。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケトル

この連載について

初回を読む
文房具が大好き!

ケトル

「最高に、無駄がつまったワンテーマ・マガジン」をコンセプトとした、雑誌『ケトル』。その毎号の特集をcakesで配信していきます。第4弾のテーマは「文房具」。どれだけPCの時代と言われようと、「書くこと」から離れられる人なんていないはず...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード