王様のブランチ・鈴木あきえを目指せるか

今回取り上げるのは、10年に渡り『王様のブランチ』でリポーターを務めるタレントの鈴木あきえです。いつも笑顔で、意外と巧みな話術で相手との距離を詰めていく彼女。その対人術が話題となり、ビジネス本まで出しています。そんな鈴木あきえの才能を前にして、考えるべきこととは。武田砂鉄さんが考察します。

「生春巻きが奇数だ」と不満げな上司

金曜日の夜、飯田橋のタイ料理屋で一人、トムヤムラーメンを啜っていると、新入社員と思しき女性を連れた40代半ばくらいの男性上司が「社会人としての心得」を説いていて、どれも大した話ではなかった。生春巻きが到着すると男性上司がタイ人スタッフを呼び止め、「ねぇこれ、どういうこと? 2人なのに春巻が3本だよね。奇数じゃん。これじゃ分けられないよ」と不満を漏らしている。基本的なオーダー程度しか日本語が通じないスタッフはすっかり戸惑っている。「奇数は倍にすれば偶数になりますよ」「二つに切り分ければ偶数になりますよ」などと、若輩ながら彼に社会人としての心得を説き直そうとも思ったが、上司は困惑したままのスタッフを、まぁいいや、と振り払ってうやむやにした。

トイレにでも行くのか、上司が席を外すと、背中を見せた途端にスマホを取り出した女性、冷めた表情に似つかわしくない獰猛な勢いで長文を打ち込んでいる。「生春巻きが奇数で不満げな上司」の存在を誰かに伝えているのだろうか。戻ってきた上司は「ところで〇〇ちゃんはパクチー大丈夫系?」と語尾上がりでテンション高めに問い、女性は採用面接で答えるようなハキハキとしたトーンで「はいっ、気づいたら大丈夫になってた系ですっ」と抜群の回答を上司に返した。絶妙な歩み寄りを見せた彼女の回答を活かさない上司は、再び社会人としての心得を説き始めたので、こちらは店を出る。春巻上司の存在をスマホで愚痴った後で、春巻上司の説法にうなずいておくクレバーさは日本の未来を明るくするかもしれないな、と適当なことを思った。

「コイツには何言ってもいい系女子」
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

重版決定! 益田ミリさんとの共著が発売中!!

せいのめざめ

--- - 益田 ミリ - 武田 砂鉄
河出書房新社
2017-01-25

この連載について

初回を読む
ワダアキ考 〜テレビの中のわだかまり〜

武田砂鉄

365日四六時中休むことなく流れ続けているテレビ。あまりにも日常に入り込みすぎて、さも当たり前のようになってしったテレビの世界。でも、ふとした瞬間に感じる違和感、「これって本当に当たり前なんだっけ?」。その違和感を問いただすのが今回ス...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

enotyann_s |武田砂鉄 @takedasatetsu |ワダアキ考 〜テレビの中のわだかまり〜 何言ってもいい系女子か、そんなジャンルがあったとは...あきえちゃんの本読みたい。 https://t.co/VbZznxzyMg 約2年前 replyretweetfavorite

izmixjuice |武田砂鉄 @takedasatetsu |ワダアキ考 〜テレビの中のわだかまり〜 毎度の観察眼にはシビれます。 この人の精密にしてバランスの取れた目線は類を見ない才能ですよ。 https://t.co/kkVBHPCMUX 約2年前 replyretweetfavorite

yshdykhr 「 ←「『コイツには何言ってもいい系女子』が密かに我が身を切り刻んでる件」について。 約2年前 replyretweetfavorite

qzqrnln 男性社会に放り込まれたとき、多くの女性がとる戦略は「オタサーの姫」か「コイツには何言ってもいい系女子」かの2つに大別されるよなあと改めて思う > 約2年前 replyretweetfavorite