主導権は常に自分にある」という自己顕示欲を高めろ

選手として監督として一流を極めた野村克也氏を支えたのは、みずから見出した野球理論を詳細に記したノートの存在でした。今日までこのノートを閲覧できたのは、息子・克則氏など一部の野球関係者のみ。長い歳月をかけて書き継がれた、その“門外不出の野球ノート”をついに完全初公開します。今回からいよいよ「投手論」の公開です。
最初で最後の、究極の野球本『野村克也 野球論集成』を、発売に先駆け特別先行掲載いたします(4月21日発売)。

強靭な精神力と体力

 野球の勝敗の鍵は、バッテリーが7割以上を握っていることは、前章で述べた。

 私は捕手、監督として計43年間、プロのユニホームを着た。マスク越し、またベンチから、投手を軸にして野球を見て、思考を重ねてきた。また南海の同僚だった杉浦忠と皆川睦男(睦雄)、西鉄の稲尾和久ら大投手、好投手と公私にわたって接することで、多くの知識を得た。

 私なりに「投手に必要な条件」をまとめると、以下のようになる。

 ① 強靭な精神力と体力を鍛える

 ② 高い原点能力を身につける

 ③ 平均以上の技術か球種を一つ以上持つ

 ④ 打撃論を勉強し、研究する

 ⑤ 癖は絶対につくるな

 ⑥ 水準以上の牽制とクイックモーションの技術を持つ

 ⑦ 守備能力を高める

 ⑧ 打撃と走塁をおろそかにしない

 以上の8点を、詳しく説明していきたい。まず①の強靭な精神力と体力は不可欠である。

 相手打者のみならず、相手ベンチの全員が、束になってかかってくるのだから、それを受けて立つだけのタフさが要求される。同時に「勝敗の鍵を握っている」という責任感と使命感を、背負わされる。

 走り込み、投げ込みで、体を鍛え、スタミナを養うことは大前提。その上で、精神的にも強靭でなくてはならない。

「俺が投げないことには、試合は始まらない」。主導権は常に自分にあるという、自己顕示欲を高めること。「打てるものなら打ってみろ」と、自信を持ち、どんな場面でも挑戦的であれ。マイナス思考を、抱いてはいけない。

 自信が少しでも揺らいだら、自己暗示をかけよ。「点は取られても、命までは取られない」「打ち返されても、野手が助けてくれる」など、上手に開き直ることだ。

 それでも不安がぬぐいきれないときは、捕手に委ねればよい。そのために捕手がいる。

 私が南海で選手兼任監督をしていた1970年代。江本孟紀、佐藤道郎ら、個性的で向こう気の強い投手がいた。

 素直にサインにうなずき、ポンポンと投げてくる。「監督のサインに首を振れるわけがないじゃないですか」。目の前では殊勝なことをいう。だが、裏に回ると、こう言って口笛を吹いていたという。

「打たれたら、責任は監督にある。俺は悪くない」

 それでよい。

 たとえ監督兼任でないにしても、場面、局面に応じて、一球一球、サインを出し、試合を進めていく捕手というポジションは「グラウンドにおける監督」なのだから。

 もちろん、他人任せで、投げやりになることだけは、許されない。捕手との信頼関係を築き、サインを受け止めた以上、要求、意図をくみ取り、ボールに意思を込めること。自信のないまま、迷ったまま、投げないこと。頭の中、胸の内を整理して、ベストを尽くすべきだ。

「決めた球を、きっちりとコースに投げて、それで打たれたのなら、しかたない」。これが正しいプロセスであることは、いうまでもない。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

長年にわたって書き継いだ”門外不出の野球ノート”を完全初公開。すべての野球人に捧げる究極のバイブル。

この連載について

初回を読む
野村克也 野球論集成

野村克也

選手として監督として一流を極めた野村克也氏。その根底にあったのは現役時代から、みずから見出した野球理論を詳細に書きとめたノートの存在――。今日までこのノートを閲覧できたのは、息子・克則氏をはじめとする野球関係者のごく一部だった。長い歳...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

hiroduct |野村克也 野球論集成|野村克也|cakes(ケイクス) ☆☆☆☆☆ https://t.co/tCuCjTcGIq 約3年前 replyretweetfavorite

tipi012011 『欠点だと決めつけず、特徴と捉え、特長として生かす』ってどんな人でも共通することじゃないか。 3年以上前 replyretweetfavorite

fudoumitunari 自信が少しでも揺らいだら、自己暗示をかけよ。「点は取られても、命までは取られない」「打ち返されても、野手が助けてくれる」など、上手に開き直ることだ。 それでも不安がぬぐいきれないときは、捕手に委ねればよい。 3年以上前 replyretweetfavorite

fudoumitunari 「俺が投げないことには、試合は始まらない」。主導権は常に自分にあるという、自己顕示欲を高めること。「打てるものなら打ってみろ」と、自信を持ち、どんな場面でも挑戦的であれ。マイナス思考を、抱いてはいけない。 野村克也 https://t.co/F9h014VW4m 3年以上前 replyretweetfavorite