ドラがたり

未成熟なのび太系男子(という名のおじさん達)の闇は、限りなく深い

藤子・F・不二雄先生と『ドラえもん』を誰よりも愛する編集者/ライターの稲田豊史さんによる唯一無二の『ドラがたり』。今回は、のび太系男子を育んだ「コロコロコミック」と、ハリウッド映画におけるのび太系男子の存在に注目します。(毎週水曜日・土曜日更新)

のび太系男子培養装置としての「コロコロコミック」

 ここまで少々茶化し気味にのび太とドラえもんのホモソーエピソードを追ってみたが、現実世界においてホモソー自体は特に珍しいものではない。一般的な成人男性は、彼女や妻とちょっといいイタリアンレストランで世間話をしている時より、激安居酒屋で高校時代の野郎友達と中学生並みの下ネタに興じている時のほうが、ずっと表情が生き生きしている。

 彼女や妻と話題のバルに行くよりも、男友達と野球かサッカー観戦に行ってビールをあおりたいし、カップルのハワイ旅行よりも同性の親友たちとの野宿に魅力を感じてしまう。それが男という生き物だ。

 のび太系男子の年齢を考慮しつつ理想的ホモソーの究極を言うなら、それは映画『スタンド・バイ・ミー』(1986年 米/監督:ロブ・ライナー)に登場する少年4人組であろう。彼らは線路を歩いて冒険の旅に出、野宿をして語り合う。実際、ティーンエイジャー時分に『スタンド・バイ・ミー』に憧れたアラフォーは少なくない。かくいう筆者も、高校時代に友人と青春18きっぷで鈍行列車の旅に出て、広島の無人駅から線路を歩くという黒歴史くらいは人並みに抱えている。

 ちなみに、2014年に公開され大ヒットしたドラえもんのCG映画は『STAND BY ME(スタンド・バイ・ミー)ドラえもん』。タイトルからしてのび太系男子世代ホイホイだ。「STAND BY ME(僕から離れないで)」部分から醸されるホモソー感も、ド直球ではないか。

 ただし、人としての成熟が進めば進むほど、男のホモソー的な行動は—少なくとも外見的には—減ってゆく。伴侶や家族ができ、社会的な立場が確立されていくと、ホモソーを発揮できる場所や時間が物理的に少しずつ失われていくからだ。

 彼女ができれば、土日のどちらかは男友達ではなく彼女に明け渡さなければならない。妻子のいる立場で土曜に夜通し中学の同級生とは飲めないし、徹夜で『エヴァ』や『ラブライブ!』の劇場公開初日に並ぶことも不可能だ。男にとっての人間的成熟とは、自分のなかに巣食うホモソー欲を、社会的な要請によって組み伏せる覚悟を決めることである。

 逆に言えば、あけっぴろげなホモソーは男性の人間的未成熟の証とも言える。年齢的に当然と言えば当然だが、中学生である『新世紀エヴァンゲリオン』のシンジも、小学生ののび太も、絵に描いたように未成熟である。

 そんなふたりの「ザ・未成熟少年」に心情を寄せるのび太系男子(こちらは大人)も、当然ホモソー全開である。アラフォーのおっさんがのび太とドラえもんの強い絆に号泣し、これを理想の同性友情関係だと絶賛していることからも、それは明らかだ。

 また、その感性は大抵「異性との桃色話より、同性との趣味話のほうが快適」とセットだ。齢40に至っても、彼女とのデートより男子同士の趣味トークのほうが楽しいと感じ、それに開き直ってしまう感性。これを人間的未成熟と言わずして何と言おう。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

「のび太系男子」のあなたへ贈るマニフェスト。全く新しい『ドラえもん』論!

この連載について

初回を読む
ドラがたり

稲田豊史

世代や国境を超えて読み継がれる『ドラえもん』を、いま私たちは、どのように読み返すことができるのでしょうか? 全世界の「のび太系男子」に贈る人生の教訓から、ひみつ道具に託されたSF(すこし・ふしぎ)なメッセージ分析まで。 藤子・F・不...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

parasol1001 |稲田豊史 @Yutaka_Kasuga |ドラがたり 『15年時点の「35歳〜39歳男性」の未婚者童貞率は、26.0パーセント』ってすごい数字 https://t.co/GQ8fCv4ONP 2年以上前 replyretweetfavorite

OsamubinLaden あるかもね。そこで「さようならドラえもん」ですよ!  2年以上前 replyretweetfavorite

hilbert_d 【はてブ新着ゲーム・アニメ】 2年以上前 replyretweetfavorite

Tellur https://t.co/6G12KEMrRx 過去の連載を見ても、このレベルの感想文で良く出版できたな、と思った。「のび太系男子」という対象の曖昧さや(世代全員ではないと言いながらも第8回では上下世代全員と単純比較されている)、ハリウッド映画の空気を読まない主人公を(続く) 2年以上前 replyretweetfavorite